teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 悪徳弁護士についての話題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:11/197 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

秋元亮祐さんへの回答

 投稿者:竹下 光彦  投稿日:2013年 7月29日(月)15時01分16秒
  通報 返信・引用 編集済
   拙著『英語はリズムで9割通じる!』(青春出版社刊)をていねいにお読みいただき、ありがとうございます。

 以下、ご質問にお答えします。

1. 「英語の拍はいくつかの音節を含むことがよくある」ということについて

 これは、「拍をbeatと訳してよいか」というご質問と関連があります。
 beat とは、心臓の鼓動や時計の秒針の音のように、「規則正しい拍」のことを意味します。ところが、英語の「拍」は、beat のこともありますが、そうでないこともあります。

 音楽にシンコペーション(切分法)という技法があります。これは、ひとつの音が、相対的に弱い音からより強い音に鳴り続けることによって生じるリズムの変化を作り出すことです。日本語にはほとんど見られませんが、英語では、このシンコペーションと同じことがよく起こります。

 たとえば、That's exactly what I want to say. (それがまさしく私の言いたいことです)という例文を見てみましょう。

 この文は9つの音節から構成されていますから、1つの音節を1拍に当てはめれば、9拍で読むことができます。しかし、実際の発音は、「タタ・ターンタ・(ン)タタタ・ターン」のように、6拍で読まれます。what I want to を what I wanna のように言えば、さらに短い拍で言うこともできます。

 なぜこのようなことが起きるのかというと、本書でも随所で述べているように、英語では「ストレスのない部分は、すばやく読まれる」という現象、つまり音楽で言うシンコペーションが起きるからです。その部分の拍が、次の強い拍に吸収されてしまうのです。

 ちなみに、このシンコペーションという技法は洋楽ではしばしば用いられますが、(伝統的な)邦楽や演歌では、ほとんど使われません。

 ですから、あなたが質問された、「強いストレスのある音節の前後ではそれよりも弱い音節は強いストレスの音節に吸着しやすいと言うことは可能でしょうか?」ということは、そのとおりです。


2. I'm making a plan. のストレス・パターンについて

 この文を「『計画を』立案中であるという意味として分けた場合、

  I'm | making | a|plan.

のように4拍で発音されることはほとんどなく、あなたが示された、

 I'm | making a | plan. (全3拍)

のように、a の拍が直前の拍に吸収されてしまいます。

 意味構造から言えば、

  I'm | making | a plan.

となるはずですが、実際の発音は異なります。これは、plan 以外にはストレスが来ないので、making a がすばやく読まれるためです。ですから、これは極端な場合、

 I'm making a | plan. (全2拍)

だけでなく、全1拍となることすら起こりえます。

 そうなると、4音節で構成されていて最後にストレスがくる単語、たとえば e-lec-tion-eer(選挙運動員)という単語と、この文のリズムパターンは同じに聞こえるはずです。まさしく、音声のリズムでは、単語も文も区別する必要がないことになります。

 以上をまとめますと、あなたのご質問に対するお答は、次のようになります。


Q1  拍と beat は同じか?

A1  同じ時もありますが、違うときもあります。「拍」にあたる英語は mora(モーラ)になります。mora とは、「一定の時間的長さをもった音の分節単位」という意味です。
 *mora は音韻論上の重要な概念なのですが、なぜか普通の英和辞典には載っていません。


Q2 「ストレス」と「アクセント」は同じ意味か?

A2  まったく同じ意味です。ただし、伝統的に日本では、単語のストレスについては「アクセント」と呼ぶ場合がほとんどです。英語の文脈で accent という語を使うと、「なまり」という意味になることあるので、注意が必要です。


Q3  文の場合、全ての音節にストレスを置くことが出来ると考えてよいか?

A3  必ず各単語のアクセントの位置にセンテンス・ストレスが来るという前提なら、そのとおりです。当然、ストレスの置かれる語が強調されるので、意味は変わります。


Q4  強いストレスのある音節の前後では、それよりも弱い音節は、強いストレスの音節に吸着しやすいと言えるか?

A4  そのとおりです。1つの単語を1つの音節とみなせば、「単語の中で起きることは、文の中でも起きる」と考えて差し支えありません。“音声のシンコペーション”は、単語でもセンテンスでも起きることになります。


Q5  1拍を1つの単語のように発音するという発想でよいか?

A5  そう考えてかまいません。英語を音声として聞いたときは、音節なのか単語なのか、あるいはフレーズなのかセンテンスなのかなど意識に上ることはないからです。


Q6  英語を拍で分析していくとき、拍の強さは、その中の音節の最も強いストレスによると言えるか?

A6 そのとおりです。音声の強弱の関係は相対的なものですから、強い部分を連続させることもできませんし、弱い部分も続けられません。意味の伝達上、不可欠な部分を相対的に強く言うことによって、全体のリズムを作りだしていくものなのです。

 以上、ご納得いただけたでしょうか。
 本書では「専門用語はいっさい使わない」という方針を貫いたので、わかりやすくなった反面、正確さを欠く部分もあったかと思います。

 今後も不明な箇所があれば、どしどし質問してください。

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/197 《前のページ | 次のページ》
/197