新着順:36/4858 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

角速度180°×2=360°の渦巻きのエネルギー力

 投稿者:好本健一  投稿日:2021年 5月20日(木)02時27分46秒
  通報
  【ヴィクトル・シャウベルガーについては、水に関する独創的アイデアを思いついた人、あるいは「生きている水」が内包する莫大なパワーを動力源に利用する省エネルギー装置を作った人としてしか知らないという人がほとんどだろう。】
『自然は脈動する: ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察』


【たしかにその業績は根本的で重要なものであり、エコロジーの先駆者としてのヴィクトルの評価を裏づけるに足るものであった。だが私たちには、人類が地球に与えた損傷を回復するという、よりスケールの大きい難問があり、その懸念を解消するため、自然がどのように働いているのかという一段広いヴィクトルの世界観を示すことが必要になってくるのである。】

 ところで孔子と老子では「水」についての捉え方が異なるようです。

【儒家は、川の流れが蕩々(とうとう)としていて尽きることがないことから、水(川)を「絶えざる努力の象徴」ととらえました。絶えず流れ動いている様子を勤勉な人間の姿にたとえたのです。一方、老子は、第八章のように、水を「何事にもあらがうことなく生きるものの象徴」ととらえていました。】
https://textview.jp/post/culture/8102

【シャウベルガー理論について、自然環境の構成を支える原初のエネルギーは「水の脈動と渦巻きの力」としてその積極的応用を説いています。】
『【波動値調査 -北海道編-3】北海道の道東の波動値を紹介します』
https://sizen-seikatsukan.com/hkd3/

 
》記事一覧表示

新着順:36/4858 《前のページ | 次のページ》
/4858