新着順:74/4858 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

肚の据わった女性たち

 投稿者:好本健一  投稿日:2021年 1月 8日(金)16時34分27秒
  通報
   女性性原理、ということでは、『補足』で紹介させていただいた「石川新一郎チャンネル」で、石川さんがその【第61弾】の動画で紹介してくださったワシントンからのメッセージで、アメリカに自由と民主主義を取り戻す活動をしておられるトランプ関係者の方から「女神」や「女性性」というキーワードで活動の背景を語るメッセージが日本に届けられているのを知って驚いた次第です。

 その驚きに対して、その後、森田先生の「2020年12月にパンドラの箱が開けられ、男性原理の主体社会に女性原理が深く導入され、男性性、女性性が協同で社会運営システムを改革していきます。」というメッセージにふれて、その驚きは、とても新鮮な喜びに変化しました。

 文明アナリストの新井信介先生は、現代を見据えて、「イザナミの復権」を唱えておられますが、これも深く、女性性原理の躍進と響き合う提言だと思います。

 そしてトランプ側の弁護士として、大変な逆境を乗り越えながら弁護士活動を続けておられる皆様の中には、シドニー・パウエル、ジェナ・エリス、という方々がおられますね。
 そういえば、ホワイトハウス報道官は、ケイリー・マケナニー。
 私がしっかり見習いたい、肚の据わった女性たちです。
 
》記事一覧表示

新着順:74/4858 《前のページ | 次のページ》
/4858