新着順:120/4858 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

主人公は僕だった

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月15日(水)04時13分23秒
  通報 編集済
   今ここの旅は、複合化された「思い」によって進展しますが、スキの多い私は、自分の複合化された「思い」の主人公に成りきれていません。

 んなアホな、という負けず嫌いの性格が、私を、自分の人生の主人公にする内観へ向かわせます。
 自分が明確な意志のもとに選び取っていない、様ざまな情報に流される人生を、可能な限り捨て去りたいと思っています。

 だからでしょうか、『主人公は僕だった』というコメディ映画が好きです。
 のんびりしている主人公なので、「あなたも、しっかりしてね」と呟きましたが、そのあとで、ひょっとしたら彼よりも、私のほうがもっとのんびりしているかもしれないなあ、と思って、素早くフィードバックのスイッチを入れました。

「現在、人々の行動を支配する二元性の想念は、太古の神界から勢力を保持してきたネガティブ神々の役割分担が地表世界に伝わり、地球支配者に洗脳を奨励した結果が地表世界に表れて、歓びが片隅に追いやられ苦悩を謳歌する誤ったカルマの法則が横行する様になっています。」
【ボディ振動層のコーザル体を構成するギマネ波について-1】
https://sizen-seikatsukan.com/g1/
 
》記事一覧表示

新着順:120/4858 《前のページ | 次のページ》
/4858