<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


未来からの、温かい称賛の拍手

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 8日(土)04時24分51秒
   今回は、「2次元情報→投影→3次元存在」という視点をもとに『宇宙の泡構造、あるいはホログラフィック原理』に引用した二種類の情報を、組み替えたり、手を加えたりして思考実験を楽しみます。

 まず、マルダセナ予想の組み替えから。
 2次元球面である事象の地平面に記録された情報を、「弦のミクロな揺らぎを示す物理」との対応関係を活かしたホログラフィック原理を応用して3次元空間に投影してブラックホールを出現させる。

 次に森田先生の情報を上の文章に重ねて手を加えます。
 薄膜壁状の平面中に書き込まれた生命進化の宇宙情報を、「弦のミクロな揺らぎを示す物理」との対応関係を活かしたホログラフィック原理を応用して3次元空間に投影して動的調和宇宙を出現させる。

 ここで、未来のある日を夢想します。

 2次元球面である事象の地平面からブラックホールのすべての物理情報を読み取れるようになった未来のある日、それを薄膜壁状の平面中に書き込まれた生命進化の宇宙情報の中に特定し、「薄膜壁状の平面」という「創造平面」からホログラフィック原理を活かした投影によってブラックホールを自由に造り出せるようになった研究発表がセミナー会場で行われます。

 そこでは、未来において達成された最新物理学の成果に称賛の拍手が起こり、その発表の後に、なんと、遙かな過去の2009年にブラックホールを人工的に作り出す次元上昇機がすでに発表されており、その後市販されて、人びとに愛され、親しまれ、2019年には『ブラックホールの深遠な役割』という論文も一般公開され、2020年には次元上昇機の最新チューンアップも行われたことが会場の参加者に伝えられて、会場にはその先駆的業績を讃えて温かい拍手が鳴り響きます。

 私は、今、次元上昇機を運転しておられるすべての皆様に、未来からの、温かい称賛の拍手が贈られている様子も心に浮かんできました。

 自然生活館のストア
 https://sizen-seikatsukan.com/shopping/
 

「自性」の確立から、星々の子へ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 6日(木)02時27分17秒
編集済
  《一元性を補完する教えは玄奘三蔵の翻訳、般若心経の中にありました。
涅槃という悟りの境地について、色不異空 空不異色 色即是空 空即是色の言葉が語られ、悟りは絶対的な無の境地という解説が多数を占めていますが、玄奘三蔵の翻訳原典から読み取れるものは涅槃という境地を肯定したうえで「自性」の確立が説かれています。》
【魂の救済-10(完)】現代物理学の真髄、「場の量子論」は霊性科学と一元性への示唆
https://sizen-seikatsukan.com/salvation10/

 すべての個に与えられた天命を全うするために、「自性」の確立は、木の根っこを大地に張り巡らせる働きをしてくれると思います。
 安定した根っこは太い幹を支え、よく伸びた枝に輝く天命の実をたわわに実らせてくれると思います。

《「般若波羅蜜多心経」の中には、肉体をまとう人の子である人類がどのように星々の社会に進んで星々の子になるかを数学的に組み込んだ星の暗号が存在しています。》
『エノクの鍵』P59。

 ロマンチックですね。星々の社会。どのような星のネットワークが張り巡らされているでしょうか。そして星の暗号。どう解いていけばいいのでしょうか。しかし、それが数学的となれば、数理論理学に弱い私などは、どなたかに教えていただかなければ理解できません。

「これから後に厳密な議論をしますが、色不異空空不異色と、前後を取り替えての繰り返し表現は、この関係が論理学的には「必要十分条件」という記述法であると、現代人であれば気づくことができます。
 簡単に言えば、《色》と空は常に等しいと言う意味です。インドはアーユルヴェーダの国であり、数学の発祥の地ともいわれていることが思い出されます。」
『未完成だった般若心経』P50。

 肉体をまとう人の子である人類が、一元性の探究を通して、「自性」の確立をめざす歩みを、「色不異空空不異色」が応援しているようです。

 毎日見慣れた日常性を営む心の中には、実に多様な可能性があふれていて、それは閉じた心の負の側面を鋭く見つめて切り離すと見えてくると思います。
 暗闇の中で輝く銀河のように。
 決して失われることのない、本来ある輝きが、不要なものを捨てることで、あるがままに生きいきと輝き出て、なるがままに、その輝きが先導する営みに心をいざなって日々が充実してくると思います。

 

宇宙の泡構造、あるいはホログラフィック原理

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 5日(水)04時19分32秒
編集済
  「その概要は、超銀河団同士を繋ぐ情報回路のプラズマフィラメント網が、巨大な薄膜壁状の楕円球体を構成し、天文理論が提唱している「無の宇宙」で解析する泡の網状世界に近似していると公表されました。天文理論が提案する内容から、時間はプラズマ回路情報網であり、実体は巨大な薄膜壁であると読み取れます。要約すると生命進化の宇宙情報は薄膜壁状の平面中に書き込まれている理解です。」
『自然生活館について―波動技術開発ポイントの要点を説明します』
 https://sizen-seikatsukan.com/aboutus/

 5次元へのシフトにアタフタしている私は、「2次元平面」なら、何とか対応できるかもしれないと思ったりしています。正確には「薄膜壁状の平面」ということなのですが。

 それにしても、今朝のたまとりりとまるは刺激的でした。その記事を読んでいた午前2時の寝ぼけ頭の私はアホなことばかり呟いていましたが。
 以下は、新参者さんが紹介して下さったマドモアゼル愛先生の情報です。

「ビッグバーン宇宙もインフレーション宇宙も量的な拡大がメインとなる物質的宇宙論です。これに対して、宇宙には質量がない二次元である、、との考えがあり、今では最有力と言えるとか。 そうならば二次元の宇宙が見せるものは、すべてホログラムであるということになります。」
 https://8520.teacup.com/tama8543/bbs

 そしてホログラムと言えば、やはりマルダセナ予想かな、と思います。

「アメリカのマルダセナ教授は、超弦理論の中で「ホログラフィック原理」が実現できると予想しました。ホログラフィック原理とは、2次元の情報がホログラムのように立体的に投影されたものが3次元の存在だという考え方です。この「マルダセナ予想」から考えれば、「ブラックホールの事象の地平面付近の時空の物理」は、「弦のミクロな揺らぎを示す物理」と対応しているため、3次元空間に存在するブラックホールの熱的物理量が2次元球面である事象の地平面で計算できると推測できます。」
 https://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g007331

 肉体に制約された意識の認識機能について、新しい気づきが訪れる2020年という感じがします。
 

歴史的な励まし

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 3日(月)04時53分48秒
   私の自己探求の始まりが日本という霊的風土の中からスタートしていることは、旅の始まりから大きな祝福をいただいている、という有り難い気分に満たされます。

「自己探求の始まりは時空間と言う表現にある時間と空間が宇宙創造の必須要素で、それは日本人の信仰心を育てた崇高な自然創造物に神が宿ると言う、宇宙原理に基づく自然創造が日本人の崇拝対象になり集合意識が理想時空間を形成しながら、調和のボトムアップ思考が根づく日本は世界で唯一の霊的中心地なりました。」
【魂の救済-2】霊性を支える日本
  https://sizen-seikatsukan.com/salvation2/

 私の顕在意識が和を志向する時、「調和に至る悠久の歴史」を通して「率直に感謝する集合意識」に創り出された和の霊的風土が「深層心理」レベルから私個人の顕在意識の(良くも悪くも個性的な)働きを包み込み、良いものは伸ばす方向で、悪いものは削り落とす方向で働きかけ、その後は最終実行者の私の気づきと選択に決行を任せつつ見守っておられることは、大いなる励ましになります。

「世界で唯一の霊的中心地」としての日本を形成する歴史的な歩みに参加してこられたすべての先達の皆様、地球人類の多様な個性が、お互いを尊重しながら、地球を、宇宙文明の地球外知的生命体の皆様と対等に創造性を楽しむ旅に向けて、どこまでも個の旅を、生きいきと愉快に充実させる方向で励ましてくださって、いつもありがとうございます。

 

たまとりりとまるの仲間たち

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 2日(日)04時00分10秒
編集済
   たまきちさんから「紙一重」という言葉をプレゼントしていただいて
 そこからインスピレーションが生まれて
 たまとりりとまるに
『今ここの旅は、紙一重の旅』という記事を書くことができました。
 https://8520.teacup.com/tama8543/bbs?
 たまきちさん、ありがとうございます。

 発端は、たまきちさんのMMSの記事。
(これも貴重な記事です。)
 そして、そこに入った日月さんの愛の手の記事。(もちろん、日月さんの記事のタイトルは『愛の手』ではありません。)
 さらに、たまきちさんが探究の視線をアーユルヴェーダに向けてから、お書きになった、体質と憎悪に関する記事。
 そこに、もちょっと加えて、私が書いた記事、『憎悪について』。

(その間には、新参者さんが、たまとりりとまるの食卓に、新しい料理を加えてくださったりして…)

 しかし、愛と調和が全面的に花開く時代に、何でまた暗いタイトルの記事を書いたの、と思われる方もいらっしゃると思われますが、「私の愛と調和」と「私の憎悪」は、紙一重であります。

 そして、私が『今ここの旅は、紙一重の旅』を投稿する前には、けんさんが、たまとりりとまるに「地球平面説」を紹介しておられました。

 そうだったんですか、けんさん!
 気分屋の私は、興奮して、一瞬、残りのすべての人生を賭けて、歩いて「地球平面説」を証明したくなりましたが、すぐにまた気分がコロッと変わってしまいました。

 

危機の乗り越え

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 8月 1日(土)04時17分0秒
編集済
   コロナについて「どうでもいいことを騒いでいる」という視点と「安全性バイアスの弊害」という視点があり、どうなのだろうか、と思います。

 現実認識としては、(一見、コロナから飛ぶように見えますが)地球外知的生命体が、現在の人類全体の平均的調和度の低さ(言うまでもなく、自分を念頭に置いて書いています)から、これ以上、地球文明の存続を認めると(宇宙に進出する、その科学力の高さから)近隣宇宙全体に及ぼす弊害が大きくなるので、その存続を認めないという判断を下す危機を第一に考えています。

 現代物理学で四つの力のうち、三つまでが統一されて、そこに重力をどう統一するのかという段階に来て、たとえば『相対性理論の神話』においてアインシュタインのビジョンを数学を用いて修正する記述の中に「UFO」の言葉が組み込まれている現状において、個が、心の問題を、宇宙レベル、地球レベルの危機として見つめることは自然な流れだと思います。

 シンプルに「今ここにある危機」の本質を把握し、シンプルな対処法を、毎日の暮らしの中で実践する。

 宇宙レベル、地球レベルの危機であっても、対処法は、毎日の暮らしの中で実践できるシンプルなもので充分。

 それによって、私のささやかな個のレベルの暮らしは、宇宙レベル、地球レベルの調和度の更新を志向し、それによってほんの少しですが私自身の暮らしの味わいも向上します。

 その実践の着実な積み重ねを踏まえて、「それじゃあ、コロナにどう対処しようかな」と考えています。

 すると、コロナ発生以前から、自然治癒力強化、免疫力強化のメニューを組み込んだ暮らしは(ささやかなものであるにしても)積み重ね続けているし、コロナがもたらすメンタルなプレッシャーを乗り越える心の姿勢は(おそまつなものであっても、そしてもちろん鋭く更新もしていきますが)できているし、という現状から真剣に、宇宙レベル、地球レベルの調和度を上げることに個のレベルで貢献するためにコロナをどのように受けとめ直そうかなと考えています。

 まさに大安心の真価が問われる状況になってきたと思います。

 もちろん、問うのは、私が自分に向かってであり、その答を示すのも、私が自分に向かって、となります。
 

あちらも、こちらも宝の山

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月31日(金)02時38分1秒
編集済
   たまとりりとまるでは、
  https://8520.teacup.com/tama8543/bbs
 オーナーのたまきちさんの、ほんわかとしていながらもしぶとい探究心の影響を、
 そこに集われる皆様が和やかに受けていて、
 コロナ状況の中で有益なシェアが行われています。

 そのシェアにおいて、絶妙な「合いの手」を入れてくださるのが日月さんで、
 ウッカリ好本など、つい見逃していた貴重な視点に目を開かせていただく機会が多いので、
 いつも、「おおっ」とか「なるほどっ」とか呟いていまして、
 まさに、これこそ「愛の手」!という感じがいたします。

 その日月さん情報に誘われて視線は、「シャンティ・フーラ」へと向かっていくのですが、
 https://shanti-phula.net/ja/
 日月さんが、いつもポイントを押さえて紹介してくださる「シャンティ・フーラ」情報は、とても役に立つ情報ばかりなので、
 宝の山の「森田先生情報」と同じように、
「シャンティ・フーラ」情報も宝の山のようですが、
 貧乏で金もヒマもない私は、「シャンティ・フーラ」のタキオン情報に近づきたいのに手が届かなくて毎日歯ぎしりしています。
 

祝福

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月26日(日)13時11分15秒
  「死に至った魂は一時、低位の4次元界に在席します。その時、4次元の非物理面界にいるアルコン教師(指道霊)が魂に優しく語りかけます。苦しみを乗り越え困難を克服して生きる道が、カルマを昇華させる尊い選択だと熱く説得し次の輪廻転生を勧めます。
愛と調和に満ちた宇宙原理では、歓びに祝福された幸せの人生であり苦しみの克服課程は存在しません。」
【新・地球史2】ネガティブの導入と推移
https://sizen-seikatsukan.com/sin2/

 あらゆる探究を、「歓びに祝福された幸せの人生」の中に位置づけることが大切だと思いました。

「苦しみを乗り越え困難を克服して生きる道」の中に探究を位置づけると、効率の悪いプロセスを旅することになります。

 ここで、「出発点」をA、「プロセス」をB、「到達点」をC、とします。

「歓びに祝福された幸せの人生」とは、C。
「苦しみを乗り越え困難を克服して生きる道」とは、まず、大まかに言ってB。

 現実には、(私の場合)苦しみを乗り越えるプロセスは存在しますから。
 ポイントは、
 それを、Cの中に位置づけて、祝福を真っ正面に見つめて苦しみを克服するのか、
 あるいは、困難を真っ正面に見つめて苦しみを克服するのか、
 の違いになると思います。

 Cの中に位置づけられた苦しみとは、「歓びに祝福された幸せの人生」に最短距離でつながる苦しみだと思います。

 ゆえに、Bの中にもCが存在します。

 出発点において、祝福を真っ正面に見つめて今ここを旅する、と決心すると、Aの中にもCが存在します。

 まあ、実に、とっても有り難い展開になってきました。

 滑って転んで、何かと慌ただしい私の人生では、祝福を真っ正面に見つめて今ここを旅する以外の人生は、考えられません。

 結論としては、「歓びに祝福された幸せの人生」においては、「苦しみの克服課程は存在しません」ということですから、
「困難を真っ正面に見つめて苦しみを克服する」プロセスは、
 存在しない「「苦しみの克服課程」に、わざわざ自分の思いでそこに力強いリアリティを与えて不要な取り組みに精を出すことになります。

 祝福をいただいた人生は、何と素晴らしい、歓びに満ちた人生だろうか、と思います。

 

大安心を踏まえて現実へ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月24日(金)02時18分51秒
   大安心によって、心を深く憩わせたら、そこでいただいた宇宙のエネルギーを全身に満たしたまま現実に視線を移して、リアリスティックに現実を生き抜きたいと思います。

 たまとりりとまるでは、5G情報、新型コロナのエピ・センター情報などがシェアされています。
 https://8520.teacup.com/tama8543/bbs

 

大安心に満ちた旅

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月23日(木)03時54分11秒
   一元性の探究は、険しい道のりですが、大安心の中に位置づけられている、と思います。
 その探究において困難を感じたら、その一瞬に、大安心の中に入って、ひと呼吸入れればいいと思います。
 私など、しょっちゅうです。

 一元性の探究においては、それを志向することが、まず大切だと思います。
 すると、本質生命体は、その志向性を踏まえてサポートしてくださると思います。

 そして、一元性の探究においては、それを志向し続けることが、とにかく大切だと思います。
 困難を感じたら、そのつど大安心の中に入り直せばいいのですから、探究を継続する歩みは、大安心に満ちた旅になります。

「中国武漢の電磁波は5Gが実用段階に入り、電波発信のサテライト基地が多数作られミリ波照射でウイルスはL型に変異し爆発感染の引き金になったと考えられます。

日本の5Gは東京から開始され危険ですが、人々の精神性が一元性方向ならL型変異はブロックできると思っています。」
『オリンピック開催の延期について  投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 3月25日』

 

「猛勉強」を応援する老子

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月21日(火)04時39分47秒
  「日常生活で私達を包み込むコーザル体の波動値は、既に次元上昇で高くなっていますから霊性進化に乗り遅れた人々は、時空間の変化推移に気づき猛勉強を始めないと、自身のコーザル体波動値のシフトダウン(自然界の波動値が上がり、自分が現状維持だと結果的には自身の波動値低下)が起こります。動物レベルまで波動値が低下すると人間としての魂は消失に至ります。」
『ボディ振動層のコーザル体を構成するギマネ波について-2』
https://sizen-seikatsukan.com/g2/

 私は、人生の荒波に直面した場合、そのつど、これまで学んだことをジタバタと工夫して何とか今を楽しく旅するように努めています。
 蓄積した学びは、新しい現場で実践し、その内容を見つめ直して修正します。
 そうしないと、私は、すぐに足がもつれてしまいます。

 私の旅は、「持ちつ持たれつの旅」ですが、私の場合、シンクロニシティも含めて皆様からお世話いただいている度合いが高い旅です。
 その旅と響き合う波動状況全体の中に「猛勉強」の必要がある状況が存在する以上、私も限られた時間を活かして「持ちつ持たれつの猛勉強」を始めています。

 そこにおいては、「猛勉強」それ自体が課題ですが、その一方で、それをとことん「楽しむ」こともまた大きな課題です。
 私の場合、切羽詰まることが多いので、「楽しむ」姿勢を確保して、できる限り心に余裕を持ちたいと思っています。

 この「持ちつ持たれつの猛勉強」は、老子も応援しておられると思います。

「死して亡びざる者は寿(いのちなが)し」
 老子道徳経第三十三章
『老子講義』P138

 

ブラックホールの役割に微笑む老子

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月17日(金)03時27分31秒
編集済
   たまきちさんが、たまとりりとまるで、老子の道徳経第三十三章に書かれた言葉、「足るを知る」について、味わい深い引用をしておられます。

(部分的に引用し、私の受けとめ方で、自然生活館のビジョンにつなげます。)

『外的な状態に惑わされることなく、「自分は自分のままでとっても価値があり、この命を授かっていること自体への満足を知る」』
  https://pert-liberte.com/what-is-your-true-satisfaction/

 この命を授けてくださったのは、絶対静止宇宙です。
 そのこと自体、すばらしい導きで、そこに、不足したものは、いっさいありません。
 すべてが、充ち満ちている生命力です。

 それを私が実感するのは、コケた時です。
 私には、足らないものが、たくさんあります。
 それを満たそうとするエネルギーは、充ち満ちている生命力がプレゼントしてくださいます。
 でも満たそうとする努力には、私の実際として、失敗がつきものです。
 でも私が何回コケても立ち上がれるのは、充ち満ちている生命力のおかげです。
 これからも、何回もコケるでしょうが、充ち満ちている生命力に導かれた私の旅は、大安心の旅です。

(しかし、安心してコケるというのも、間が抜けていますので、何とかしたいと思います。)

「銀河の活動が宇宙生命の進化を目指すものなら、その中心には必ずブラックホールが存在します。ブラックホールの役割は現宇宙生命が為し得た自然の法則性を初源に回帰させ、知的生命体へ未来からの情報として生命の営みに活用出来る様、現在へ伝えるボトムアップ進化論を促進します。」
【ブラックホールの深遠な役割-1】
https://sizen-seikatsukan.com/blackhole1/
 

自力救済と仲間

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月16日(木)04時42分10秒
  「人に頼ってらんないと。この先は、自分で何事もやっていかないと。」
『4・自力救済の時代
 仲間を募ってたくましく未来へ生き抜くべし』
【令和2年7月時事解説・時局分析|藤原直哉理事長(第54回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会)】
 https://www.youtube.com/watch?v=aMd54ID8dgI
 

主人公は僕だった

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月15日(水)04時13分23秒
編集済
   今ここの旅は、複合化された「思い」によって進展しますが、スキの多い私は、自分の複合化された「思い」の主人公に成りきれていません。

 んなアホな、という負けず嫌いの性格が、私を、自分の人生の主人公にする内観へ向かわせます。
 自分が明確な意志のもとに選び取っていない、様ざまな情報に流される人生を、可能な限り捨て去りたいと思っています。

 だからでしょうか、『主人公は僕だった』というコメディ映画が好きです。
 のんびりしている主人公なので、「あなたも、しっかりしてね」と呟きましたが、そのあとで、ひょっとしたら彼よりも、私のほうがもっとのんびりしているかもしれないなあ、と思って、素早くフィードバックのスイッチを入れました。

「現在、人々の行動を支配する二元性の想念は、太古の神界から勢力を保持してきたネガティブ神々の役割分担が地表世界に伝わり、地球支配者に洗脳を奨励した結果が地表世界に表れて、歓びが片隅に追いやられ苦悩を謳歌する誤ったカルマの法則が横行する様になっています。」
【ボディ振動層のコーザル体を構成するギマネ波について-1】
https://sizen-seikatsukan.com/g1/
 

日本から始まります

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月14日(火)03時24分7秒
   以下の量子暗号通信情報を読んで、地球環境の量子化に貢献する日本から、縄文の心が、「量子の心」に和やかに浸透して、世界の量子コンピューターを「縄文化」して、日本から一気に世界を「和の心」にシフトさせてほしいなあと、まあ、いつものことながら破天荒なことを考えてしまいました。

(閉塞状況においては、破天荒リラクゼーションにより、固まりやすい心を解きほぐすことも必要だと思います。)

「インターネットなどではさまざまなデータが暗号化されて通信されていますが、計算能力がスーパーコンピューターをはるかに超える量子コンピューターが本格的に使われると今の暗号は簡単に解読されるおそれがあることから、次世代の暗号技術「量子暗号通信」の開発が世界的に加速しています。」
『次世代暗号技術「量子暗号通信」大規模開発プロジェクト始動へ
2020年7月14日 2時16分』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200714/k10012513511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007
「この分野では、保有する特許の数で、東芝が世界1位、NECが2位となるなど、日本企業が存在感を示しています。」

「縄文人は自然の恵みを頂く生活様式を1万年の永きに渡って維持しその思い(想い)の骨子は銀河、惑星意識に依拠し、星々のメッセージ情報から高度な霊性科学を発達させていました。
現在の日本人は和の心を大事にしていますが、そのルーツになる縄文イメージは忘却の彼方です。
次元上昇後に迎える宇宙文明は縄文意識にピッタリ重なります。
大和の民、日本人が太古の記憶を復活させると、世界の雛形として真価を発揮します。
その時、最も進化したカシオペヤ星座文明の霊性存在は祝福のシグナルを送ってくれます。」
『2017年掲示板の記事まとめ 2. 次元上昇時代での日本人役割』
 https://sizen-seikatsukan.com/contents/2017matome/
 

今後の時代は

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月13日(月)03時35分24秒
   時代の変化を、様ざまな濃度で伝える情報群を、自分の心の奥まで伝わる響きとして受けとめて、その宇宙的なスケール、地球的なスケールの響きを、毎日の今ここを旅する姿勢の中に反映させるように努めています。
「自分のひらめきを信じて!」。
(たまきちさんの言葉を、たまとりりとまるからお借りしました。)
  https://8520.teacup.com/tama8543/bbs

 その反映による変化は、外側から見た営みとしては変化がないかもしれませんが、心の内側に回ってみると、いよいよだなあ!という感慨がひとしおです。

 自分自身が、毎日やっていることは、たとえばコロナ以前と変わらないのに(マスクをしたり、手を消毒したり、という変化はありますが)でも世の中は、大きく見て、めざましく変化しているということは、その中にいる、自分の「思い」も、宇宙的な変化、地球的な変化に響き合っているのかな、と感じて改めて毎日の日常に視線を移すと、そこも、やはり、透明な大きな変化の波に、今、ゴシゴシと洗われている真っ最中、と感じます。

「今後の時代は愛と調和、霊性科学の進化に入ります。
それを迎える準備として、偽りの天界史、善悪が深く絡み合う混沌した地球史、科学史を
自らの中で整理を行い、自身の一元論を確立していきます。」
『平成時代の総括   投稿者:森田峯生   投稿日:2019年 4月30日』
 

やはり、水H2Oは、おもしろい

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月10日(金)04時24分52秒
   たまとりりとまるで、たまきちさんが次の情報を紹介してくださっています。
「水素があるものは、弱酸性の酸。弱酸性だから皮膚には良い。しかしながら、ウィルスは弱酸性に弱い。だから、ウィルスに有効である。」
 https://8520.teacup.com/tama8543/bbs

(今、たまとりりとまるでは、日月さんが教えてくださった、免疫力を高める「安定化二酸化塩素」が話題です。)

 水は、「H2プラスO」。
 そこで「水素プラス」ということで、たとえば。
「ソマチッドの原理によれば、元気になるには水素濃度の高いマイナスイオン水を飲むとよい。」
https://www.psyche-izumi.com/news/448

「生命体のボディは中心がアーンプ体(帯)になっており、物質波、電磁波、磁気波で
構成されています。
ボディを造ってものは、物質波が物質化した集合状態の細胞になり、その形成過程に
ソマチットが関与しています。
(中略)
食事から摂取される各種微量元素のエネルギーは、体内で活動する数万種類の
有用光合成菌やソマチットを育成し生体を活性化しています。
生体が宇宙エネルギーと共鳴すると経絡にソマチットが多数発生し、長寿へ誘います。」
【生命体の振動層とソマチット 投稿者:森田峯生 投稿日:2015年 6月16日】
 http://tama8543.g1.xrea.com/mineo/mineo2015.html
 

歴史的な新展開

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月 5日(日)04時18分29秒
   大局を把握していると、その流れの中で、大局的な方向性と響き合う自分の人生を見定めて、今の歩みを、望ましい未来に向かって進めることができると思います。

 コロナが推進する次元上昇終了後4年目の波動状況の中で、
「生命進化システムの調和進行を推し進め」る「自然力」が提供する出口の向こう側に、「横型ネットワーク」の新展開をイメージして、

 独自の歩みを模索しておられる皆様が、試練を持ちこたえる姿勢の中で、暮らしに根ざした「新しい地球文明を構築する」今ここの旅を充実させておられると思います。

「自然生活館ではこの状況に対応した波動発振装置の具体化に入って」おられますので、皆様の歩みにも、新たな未来化の勢いが生まれると思います。

 こちらは、毎日の暮らしの中で、状況の激変に戸惑って、どうなるのかなあ、とつぶやいても、何かしらあたたかく背中を押されているようで、

 おっ、このあたたかい勢いは、宇宙からのサプライズ?

 と、性格上、軽い乗りで恐縮ですが皆様からの時空を越えたエールを受けとめさせていただいて、

 リラックスが、観察力を鋭く研ぎ澄ますことを確認しつつ、私も自分の暮らしを通して皆様の着実な歩みに連なりたいと思います。

「光の浄化カード特徴は、宇宙意識が持っている静止系調和宇宙と私達の動的調和宇宙を統合する際、表れる色彩光を持っています。
(中略)
 カードを額、頭頂部付近にかざしてアジナ、サハスラーラチャクラを刺激し、第三の目と呼ばれるアジナチャクラの開眼や宇宙文明へ導き、霊性進化を促すサハスラーラチャクラを活性化させます。」
【光の浄化カード】
 https://sizen-seikatsukan.com/shopping/joka/

 

コロナ以降の文明転換

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 7月 4日(土)08時43分19秒
  東京では第二波と予兆されるコロナ感染が増えてきました。
海外のブラジル、中東のイラン、米国では感染の勢いが盛り返して収束の見通しが立ちません。
この様な状況で既存の経済システムに依存し、自らの基盤を死守したい日本のエリートたちが目論む
オリンピック開催は中止に追い込まれる状況になってきました。

コロナウイルスの誕生は米国、中国の合策によって生まれた様ですが、次元上昇時代の自然力は
生命進化システムの調和進行を推し進め、ウイルス開発国の意図を打ち砕きコロナは変容を繰り返し
経済の損益分岐点を破壊して、新しい地球文明を構築する方向へコロナは力を発揮しています。

人間の尊厳を支える衣、食、住、を基本にした横型ネットワークが日本国から世界へ発信していきます。

自然生活館ではこの状況に対応した波動発振装置の具体化に入っており、新型次元上昇器(浄化装置)
食を確保するための積極型野菜育成用の埋設カードモデルを試験運用に入っています。


 

未来からの花、今ここへ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 7月 1日(水)03時36分40秒
   過去から現在まで準備を整えてタネを撒き、それを育てていくと、未来に花が咲きます。
  花とは、「様ざまな実り豊かな結実」。

「タキオンと光の世界を一体化させ生じるメビウス循環の実際は超銀河団意識の誕生で、ボディのエネルギー(宇宙の大規模構造の情報形態)は未来~現在~過去へ循環するかたちです。」
【魂の救済-5】次元上昇後に考察する量子運動の再認識
https://sizen-seikatsukan.com/salvation5/

 花が、未来から、今ここに贈られると、今、探究を継続する(タネを育てる)意識へ、多様な気づきが起こります。
 その気づきは、タネが花を咲かせるまでのプロセスを、実に多様に応援する内容を秘めていると思います。
(私の場合、つい明後日の方を見ていたりするので、「贈られた花のベクトル」をキャッチし損ねて、あららっ、という具合に、よく慌てますが、まあ、やはりマイペースで。)

(以下においては、「未来の時間」を、多様な結実、つまり花と考えます。)
 素晴らしいブラックホールの働き。
 それは、時間を、未来から現在へ、そしてそこから過去へ、さらに、そこから未来へ循環させる。
 自然生活館セミナービデオ【2019年10月☆宇宙規模の大転換が始まった】より。
 https://chouwasha.official.ec/categories/2040155

「次元上昇機は、ブラックホールを作り出す、ひとつの人工的な装置です」。
 上記のセミナービデオより。

「次元上昇が終了した現在では生命進化のシステムが迅速に働き、霊性世界から愛と調和の具現化が速やかに届く準備体制になっています。」
【魂の救済-7】愛と調和を支える自然生命種の進化段階
  https://sizen-seikatsukan.com/salvation7/

 その「準備体制」を活かして未来の知恵と力を、今ここに届ける次元上昇機。

 日々の営みの中で、静謐の深まりを志向する眼差しは、陰陽、善悪、ポジとネガ、などのあらゆる二元性の多様な側面を見つめます。
 そして、静けさの中に浮かび上がる、フラクタル構造の、多次元的な響き合いを通して、違いを活かす「つながり」を模索する、と思います。
 二元性の対立を越える一元性に向かって。

「チューンアップ製作者の運転確認では、静音、静謐が高まり次元上昇時代に相応しい精妙波動放射機器に仕上がっております。」
【新・次元上昇機のチューンアップによせて-3】
https://sizen-seikatsukan.com/atun3/
 

幾たびもペドロ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月28日(日)02時58分37秒
   このタイトルは、茶目っ気を発揮してラテンアメリカ文学からお借りしました。
 自然生活館の掲示板においては、この小説のタイトルは波動変換される必要があります。変換したら次のようになります。

「幾たびも想念観察」。

「「毎日コツコツ継続し積み上げること」は難しくないのです。虚心坦懐の気持ちで観察を継続して経験を積み重ね、次第に想念の発生原因究明や、修正作業を積んでいけば、やがては心の重心が低く安定した清涼感あふれる状態に到達していきます。私達の前に現れる現象の本質を見抜く洞察力も養われていることを、その都度気づき、確認できる様になっていきます。」
『エヴァへの道』
https://sizen-seikatsukan.com/contents/eva/

「全ての存在は、本質生命体がコミュニケーションをとり、それぞれが予定通りの体験を出来るように互いに協力しています。」
『すべてはひとつ 一体である  (1)』
https://note.com/asuka1925/n/n51d02dd9f657

 生き方の改善というささやかな気づきの体験ではありますが、それが起こってみると、もちろん嬉しいですけれど、その一瞬、まずとても不思議な気分になります。
 どこから、この気づきは生まれたのだろうか?
 発端は、その気づきを求める自分の意志ですけれど、起こってみると、自分の力で獲得したという実感は皆無なので、まず不思議で、それから有り難いという思いに満たされます。
 紆余曲折の真っ最中においては、心は揺れ動きます。しかし、気づきの不思議な喜びの体験を間を置いて積み重ねると、揺れ動く心を持ちこたえる私の歩みを見守る存在の眼差しが私を包み込んでいて、しんどくてため息ついても、新しい何かが見えてくるから、とにかくこの心の揺れを持ちこたえていこうという気分になります。
 

大転換を生き抜くためのチューンアップ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月23日(火)03時01分27秒
   今を生きるということは、天界の改革による変化を生き抜く、ということだと『新・次元上昇機のチューンアップによせて-2』を拝読して思いました。
 https://sizen-seikatsukan.com/atun2/
  コロナが登場して、「世の中、急激に変化していくんだなあ」と実感じています。

 今後は、「天界の改革による次元上昇後の変化に相応しい波動値」に可能な限り同調させていただけるように、自分の中のネガティブ行動をしっかり見つめて、切り離し、宇宙の調和の波に乗せていただいて、「フラクタル構造の生命進化システム」を、今ここの旅において昇っていけるように努めたいと思います。

 具体的には、「3.0~4.2次元間に分布」する「日本人の所属次元」に、たとえビリッケツでもいいので、何とか滑り込みセーフを果たして、みっともない格好で滑り込んだ体勢を立て直し、大転換後の日本の建設に、ローカルで小さな自分の暮らしを通して参加させていただきたいと願っています。

 天界の改革と響き合う次元上昇機の稼働、そこから生まれる気づきの共有を、皆様、宜しくお願い致します。

「次元上昇機という名前に由来する機器の特性は、人間社会を包み込み、人々の生成発展を後押しする各種波動エネルギーを、時代の変化を先取りする仕様で、調和に満ちた精妙化振動波エネルギー(波動)を空間へ放射しています。」
 https://sizen-seikatsukan.com/shopping/zigen/

「この度、次元上昇に伴う世界の経済システム大変革に対応するため、 身心と魂の繋がりを見つめ直し、弊製品を活用される方の 活動息吹が光輝く生命圏で開花できる様、 波動電気機器の構成仕様を時代変化に相応しい回路へチューンアップいたします。」
 http://sizen-seikatsukan.com/abouttuneup/
 

新世界へ、チューンアップ!

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月18日(木)02時01分54秒
   私は、(師のビジョンの学び、その実践で手一杯のため)次元上昇機の稼働にはなかなか追いつきませんので、既に購入されて稼働させておられる皆様、チューンアップにも取り組まれた皆様が、暮らしの中で、次元上昇機を用いて未来波動を生きいきと解き放っておられる営みを、とても素晴らしいと思います。

 今回、森田先生が新たなチューンアップを行われますので、それにちなみまして、皆様に愛されて10年以上になる次元上昇機について復習しました。

「回転羽から生じる電磁粒子雲は精妙な高い波動値のエネルギーを放射するので運転者の身心や魂、家族、周囲の環境へ波動同調を促し、新しい体験のワクワク感を盛り上げてくれます。
(中略)
 次元上昇機から発生する電磁粒子雲は、宇宙、自然界のプラズマ通信網の一環です。次元上昇機の運転者(霊魂)は行動の体験を学ぶための物質波を選択(実践行動)して、電磁粒子雲と組み合わせ、新しい身心の形成を試みて、未来に繋がる自己の可能性を観ています。」
【次元上昇機】
 https://sizen-seikatsukan.com/shopping/zigen/

「この度、次元上昇に伴う世界の経済システム大変革に対応するため、 身心と魂の繋がりを見つめ直し、弊製品を活用される方の 活動息吹が光輝く生命圏で開花できる様、 波動電気機器の構成仕様を時代変化に相応しい回路へチューンアップいたします。
(中略)
 チューンアップされた波動機器は、光の波動領域を発振(発信)するので、気づきが増した機器取り扱い者は、量子力学の入門コースとなる光の神秘性を理解し始めます」
【チューンアップについて】
 http://sizen-seikatsukan.com/abouttuneup/

 今回、新たなチューンアップにより「インバータの周波数変化で、左右に回転するエネルギー流動を造り出す」次元上昇機が、時間の流れを操り、地中生命力を高めたり、セントラルサンへの回帰を促したり、水害防止に働いたりと、素晴らしいですね。

「次元上昇機は機器を稼働させる運転者の過去と未来に影響を与え、未来化に導く波動放射機になっています。」
【新・次元上昇機のチューンアップによせて-1】
 https://sizen-seikatsukan.com/atun1/
 

未来を創る量子を強化する

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月12日(金)03時22分2秒
   ボチボチとではありますが、量子力学について学び、それが、意識を記述する可能性を様ざまに開示する現状をおもしろく感じ、森田先生の波動物理とつながって、調和の心を励ましていただけるので、とても嬉しいです。

 意識。
「心とは、記憶を蓄えた脳組織から絶え間なく生み出される光量子(フォトン)の凝集体であり、場の量子論によって記述されるその物理的運動が意識である。」
『脳と心の量子論』P5。

 強化。
「すべてのフォトン(光子)は歩調がそろっています。つまりフォトンは、思考のエネルギーを物質的エネルギーに変化させる同じ周波数によって強化されるのです。ところで本質的にこの知識は、光がどのように光の量子を脳内で創り出し、それによって脳がコンピュータのように機能しているかを説明できる方式を見つけ出すのに使うことができます。」
『エノクの鍵』P57

 量子脳。
「宇宙科学の根幹は、人間の心を造る頭脳が大きな未来性を秘めた量子脳であり
量子の種類である光速越タキオンも数学で説明され、予知量子脳は時間の
流れが未来から過去へ流れると定義しています。」
【宇宙科学へ歩む2019年   投稿者:森田峯生   投稿日:2019年 1月 1日(火)】
 

うふふ、大らかに笑えますね

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月 5日(金)03時35分25秒
  『夫婦(39):天界(その後) ~ 竹下雅敏 講演映像』、確かに笑えました。
「竹下版・女神礼讃」!
 ご自分の奥様の美しさに「驚愕」しておられるのですから、この礼讃は、筋金入りです。
 ユーモアが効いています。
『夫婦(40)』では、さらに竹下先生は、全身でコメディアンしておられて、最高です。

 ところで、「男」も「女」も、「女性」から生まれますから、女性性は、男性性よりも、一元論を、色濃く反映しているのかなあ、と思いました。
 一元論の探究、体現へと向かう現代は、女神の時代を迎えるプロセスを必要としているようです。
 男性性は、女性性からの学びを深めて、陰陽統合の一元論へ。
 そして陰陽統合は、太極へ、そこから、さらに無極へ。
 一元論は、奥が深いです。

 ユーモアも、奥が深いです。
「我、宇宙なり」の妙諦に目ざめられた故・合気道開祖・植芝盛平翁は、合気道の稽古は、愉快にやるように語られました。
 多次元宇宙の、それぞれの振動層で、多様な「笑い」が楽しめると思います。
(ここで、多次元に跨がるフラクタル構造を、そして、それが生み出す結合という視点を導入します。)

 それらの「笑い」が、愉快という質において、多次元的にフラクタル結合する。
 それによって生み出される、多次元フラクタルによる「ひとつの生命」としての愉快な宇宙。
 私は、その愉快な笑いに満ちた宇宙をイメージして、私のジタバタ・ライフに勢いをつけています。

「ミクロの次元から人間がつくり出す創造の次元まで、環境調和カードの発振エネルギーは対応しておりその中で人間は、フラクタル構造を成す自然界の生命種次元と密接な関わりを持ちながら、3次元に在籍する様子の考察を試みます。」
【調和カードがサポートしている自然界の洞察-1】
https://sizen-seikatsukan.com/cad1/

「歓びの精神エネルギーを研究者が保持し、無から始まる宇宙創造の素粒子運動に大きな影響を与える事の真相を明らかにする必要があります。」
【魂の救済-5】次元上昇後に考察する量子運動の再認識
https://sizen-seikatsukan.com/salvation5/
 

女神の時代

 投稿者:日月  投稿日:2020年 6月 4日(木)18時07分27秒
  これ、大変失礼ながらしばらく笑ってしまいました(*^_^*)m
https://www.youtube.com/watch?time_continue=45&v=spgQKGUVaUY&feature=emb_logo
 

女神の時代へ

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月 4日(木)03時08分39秒
   大きな変化の波。
 その乗り越えにおいて発揮される
 暮らしに必要な創造性。
 サポートをいただいて旅を進められる喜び。

「ミクロの次元から人間がつくり出す創造の次元まで、環境調和カードの発振エネルギーは対応しており…」。
【調和カードがサポートしている自然界の洞察-1】
https://sizen-seikatsukan.com/cad1/

 個のレベルでも
 ネガティブ波動の分解を願いつつ同時に
「浄化エネルギー(次元上昇)の放射」の波に
 暮らし全体を乗せていただいて
 銀河の旅を希望します。

「…根本的な問いである何故人間には自覚できる意志と意識が備わっているのか改めて熟慮を行い、2から3次元生命種が共同体として愛と調和を人間に提供している認識の確立が大事です。」
【環境調和カードがサポートしている自然界の洞察-2】
https://sizen-seikatsukan.com/cad2/

「一体化」が織り込まれた宇宙のコイン。
 女神が表になるタキオン・ムーブメント。

「人間が幸せに生活できる新しい生き方を模索する時代に入りますから、男性陣の奮起も促され環境調和カードのエネルギーは新しい気づきを生む環境空間造りに大きな役割を果たします。」
【環境調和カードがサポートしている自然界の洞察-3】
https://sizen-seikatsukan.com/cad3/
 

波動を正確に調べるための方法と注意点

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月 3日(水)02時39分58秒
   日月さん、ありがとうございます。
 竹下雅敏先生の情報なのですね。
 竹下先生については、森田先生の『【魂の救済-2】霊性を支える日本』末尾に掲載された「参考文献」の中の「シャンティ・フーラ相対性理論の情報」からご縁をいただかれた方もいらっしゃると思います。

 ご紹介くださったサイトの「救済のメッセージ26」に、チャクラと絡めた詳しい説明がありますので、注意深く読ませていただきます。

 今回、日月さんが教えてくださった情報は初めて知りましたが、これは平成21年(2009年)に発信されものなので、アワの歌に関心をお持ちの皆様の、その後の状況の推移も気になりました。

 関連する情報量の全体に圧倒されますが、「恩恵を得る」道も、ご用意くださっているのですね。

「前回の光と同様にアワの歌を介さず、私たちのシステムにご降臨なされた12システムの女神・ヒカリツカヰウミヰダスミオヤ様が御光を中継し、オオキミウレシキミヤヒメミコ様を通して、皆々に分け与えられます。この光はすべての者が受け取ることが出来ます。」
『緊急連絡(6月27日の17時より1時間の間)』

 私の場合、個人的に気になる竹下先生の情報は、相対性理論、タキオン、般若心経です。

 また、お時間があれば、いろいろ教えてください。
 

↓アワ歌を歌ってはいけません!!!

 投稿者:日月  投稿日:2020年 6月 2日(火)05時50分6秒
  https://ameblo.jp/nikkyougekkyou/entry-12601202245.html  

ホツマツタエと千島学説

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 6月 1日(月)02時33分21秒
   ツルカメさんの記事を読み、祝詞から言霊について思いをめぐらせていたら、『アワ歌で元気になる 驚きのコトタマパワー』という本があったなあと思って「アワ歌」で気ままにネットサーフィンしていたら千島学説のキーワードの「赤血球」に出会いました。

「身心のいかなる病症に対しても、病を治療する根幹は、健全な赤血球をつくり出すことが第一です。」
『言霊「アワ歌」による自然治癒の氣活性法』
 https://ameblo.jp/blue-ocean5/entry-11587248983.html
 

人と物を異次元へ転送させた話

 投稿者:ツルカメ  投稿日:2020年 5月30日(土)12時40分40秒
  理論物理学者の保江邦夫(やすえ・くにお)理学博士が書いた本、「祈りが護る国
アラヒトガミの霊力をふたたび」(明窓出版より2019年3月に\1980で発行)に、
次のような人と物を異次元へ転送した話が書かれています。

(1)先の大戦の末期に、米軍が原爆を東京に投下しようとしている情報を当時の
東条英機首相がつかみました。それで東条首相は、昭和天皇に原爆を搭載して東
京に向かっているB-29型爆撃機を念力で消してくれるように頼みました。
 昭和天皇は、皇室に聖徳太子から伝わる巻物にある祝詞(のりと)を唱えて東京
に向かっている爆撃機を消したところで精根が尽き果て、広島と長崎に向かって
いる爆撃機は消せなかった。マッカーサー元帥は、日本を4つに分けて統治する
案を実行しないことを条件に、巻物を手に入れました。

(2)米国は、入手した巻物を機械でできるようにと研究して、ついに完成させま
した。2014年3月に、マレーシア航空機がマレーシアのクアラルンプールから中
国の北京に向かって飛んでいて行方不明になった事がありました。米国は、この
飛行機に国防省のコンピューター・システムを設計した中国系アメリカ人エンジ
ニアが乗っており、その全てのシステム内容を中国政府に売ろうとしている情報
をつかみましたが飛行機はすでに離陸していました。それで当時のオバマ大統領
に、乗員乗客を異次元に送るだけで殺すわけではないと説得して、許可を得て実
行したとのことです。

この本を読み終えて、うーん ???? ってな感じですが、すでに世界のあちこちで
似たような研究が進んでいるでしょう。いずれ少しずつ内容が公開されると共に
商品化された物やコトも出てくると思います。
 例えば、人や物の移動も機械化された念力で交通事故の心配なしの安全な方法
で移動できるようになるとか。また意識の異次元や宇宙への旅行なども意外と早
く商品化されるかもしれません。刑務所も無くなるでしょう。なぜなら、刑の期
間中は異次元に転送すればいいだけですから。
 おそらく日本は祝詞や念力の研究開発でトップを走るようになる気がします。
先が楽しみです。

 

非線形の気づきの旅

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 5月27日(水)03時00分43秒
   映画「メッセージ」で、ルイーズは、地球外知的生命体の言語の分析に取り組みますが、映画の途中に、エイリアン言語について次のような説明があります。

《彼らの文字には、時系列はない。
 専門家は、"非線形の言語"と呼ぶ。
 では、思考も同じだろうか?》。

 以上は、映画からの引用。
 次は、『非線形科学』の20ページからの引用。

「水という物質が示す性質も、H2O分子とその知識自体の相互作用には含まれないうえに、たとえ水の性質を詳しく知っても、それだけでは変転きわまりないその流れのパターンを決して理解することはできません。」

 ところで、非線形思考に、自分の思考回路をより深く馴染ませることによって、思考スピードはアップするでしょうか?
 以下は、「メッセージ」での、説明の続き。

《彼らが2秒で書く文章の返事に―
 我々は1か月かかった。》

「一元性への転換はどの様なものでしょうか。
そのヒントが、最近レンタルした映画「メッセージ」にありました。
主人公は地球へ来訪した宇宙人の目的を知るため会話を試みます。会話が進む中で宇宙人達は未来を見通し、それを今に繋げるための行動をとっていると知らされます。」
 2018年掲示板の記事まとめ 1. 2018年を迎えて
 https://sizen-seikatsukan.com/contents/2018matome/
 

未来の精妙波動世界

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 5月20日(水)04時33分35秒
   生体電気、細胞膜について。
『すなわち生体電気は,興奮性細胞での膜現象に基づく』。
https://kotobank.jp/word/%E7%94%9F%E4%BD%93%E9%9B%BB%E6%B0%97-86184

 そして、生体電気信号とは、脳波。
 脳波は、思いが生み出す。

 知性的な細胞膜。
「細胞膜は環境からの信号をキャッチしてそれに反応し、その結果、細胞の活動が引き起こされる。膜はある種の情報処理を行っているのだから、「知性的に」活動しているのだとすると、細胞膜こそが細胞の真の脳であるといえる。」
『思考のすごい力』P137~138

 具体的には?
「細胞膜は、イオンや有機化合物に対する選択的透過性によって、細胞や細胞小器官への物質の出入りを制御している。それに加えて細胞膜は、細胞接着やシグナル伝達などさまざまなプロセスに関与し、細胞壁やグリコカリックスと呼ばれる炭水化物に富む層などの細胞外構造の接着表面として機能し、細胞骨格と呼ばれるタンパク質繊維の細胞内ネットワークにも関与する。」ウィキペディア。

 基本となる働き。
「細胞には、読み取るべき環境からの信号にたいして、それぞれ特異的に"対応する"レセプタータンパク質がある。」P131
「細胞はレセプターから受け取った情報に適切に反応し、生命を維持していかなければならない。その際に働くのがエフェクタータンパク質だ。」P133
「両者が一緒になったレセプター・エフェクター複合体が一種のスイッチの働きをし、環境の信号を翻訳して細胞の反応を引き起こす。」P133

 細胞膜上の受容体を通して細胞に入るウィルス。
 顕在意識は、(表層では)自分で考えて動きますから、随意活動。
 細胞膜の活動は、お任せですから、不随意活動。
 人間の顕在意識が、宇宙の、そして未来の調和を学び、それを実践しながら放つ脳波と、細胞膜の、環境適合能力のある知性が、より深くシンクロナイズする時、細胞膜は、新型コロナウイルスの環境下において、どのような調和の働きをするのでしょうか。

 個の旅は、宇宙からの励ましに心を開くことで、様ざまな可能性が見えてくると思います。
「時間の加速は地表に到着するタキオン量の増大が関与しており時間の性質を持たないタキオン効果で、未来の精妙波動世界へ入る事が容易になっています。」
【2018年掲示板の記事まとめ 15. 水は未来を記憶している】
https://sizen-seikatsukan.com/contents/2018matome/
 

生体水の磁力線

 投稿者:日月  投稿日:2020年 5月14日(木)17時12分0秒
  水というものは、生命体の内部に存在するものとそうでないものとでは全く性質が異なるそうです。
生命体内部で水が集合すると磁力線が生じるそうで、その磁力線を検出して治療に役立てるものがMRI=Magnetic Resonance Imaging=磁気共鳴画像診断装置なんだそうです。
水というよりも、電気回路の話を聞いているような感じでした。
https://www.youtube.com/watch?v=_nU9XmNWef8&feature=emb_logo
 

ふむむ、「水」

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 5月 8日(金)03時06分52秒
   水は、とてもおもしろいなあ、と思います。
『宇宙の創造から万物が創られる源は、分子雲から生まれる水』。
 宇宙創造の源は、老子の『道徳経』では、「無名」。
『道徳経』では、「水」のたとえがたくさん用いられているのがおもしろいです。
 今、「ウィルス、細胞、進化」というキーワードで、ほんの少しずつ考えているのですが、これらのキーワード群に「水」を加えたいと思います。
(私が考え事をする場合、いつも大切なことが抜けているので、要注意だなあ、と思いました。)
 そこで、細胞について考える場合、千鳥学説も学ばなければ、と思いました。
「水を体内に有する生体組織は赤外線を多く吸収しやすい」。
 ふう~む。
 好奇心は、どんどん高まる一方なのですが、時間は、どんどん少なくなる一方なので、毎日、とても困っています。
「水」と合気の関係も、おもしろいし。
 

水と赤外線

 投稿者:日月  投稿日:2020年 5月 7日(木)23時20分37秒
  Hα線は、水素原子が電離している時に発光する波長の一つで、具体的には656.3nm(ナノメートル=10億分の1m)の波長の赤外線に近い可視光線だそうです。
光学望遠鏡では、その近くの波長であれば、便宜的にHαと表現しています。
波長が800nm(0.8μm⇒マイクロメートル=100万分の1m)付近よりも長くなると、人間の目には見えない赤外線領域になります。
赤外線といえば熱線(熱放射)ですが、2,500nm~4,000nm(2.5μm~4μm)の中赤外線から、4,000nm~1,000,000nm(4μm~1,000μm)の遠赤外線領域までは、水によって良く吸収される性質があるそうです。
つまり、水を体内に有する生体組織は赤外線を多く吸収しやすいことになります。
赤っぽい光の所には、漸次周波数を低下させながら、水があり、熱放射があり、生体組織が存在しやすいということになるようです。
 

宇宙空間の水分子雲の存在

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 5月 7日(木)11時44分16秒
編集済
  水が情報物質媒体として働いている

万物が創られる源は、分子雲から生まれる水である

体細胞がつくられる過程に 水分子雲は必須

やはり水ですか なるほど なるほど ありがとうございます
.
.
千島学説は こちらですね
https://chishima-gakusetu.com/about_chishima.html
https://chishima-gakusetu.com/about_chishima2.html
.

https://sizen-seikatsukan.com/salvation10/

 

天体写真からよみとるHαの光

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 5月 7日(木)09時38分6秒
  天体写真から宇宙の情報を収集するため夜空の星を撮影していますが、既存のデジタル一眼レフカメラでは
宇宙の色彩光で最も多いHα帯域(赤色領域)が階調豊かに写りません。
そこでカメララボが販売するHαが良く写る改造済みの中古カメラを取得しました。

このカメラで撮影した星空は赤みを帯びた諧調で映り込みます。赤い色彩光は宇宙で最も多い
水素が発する光で、宇宙空間にある酸素と結合して水の分子が大量に造られています。
水分子雲が多く分布している星座の座標は、北天の北極星を取り囲むおおくま座で
ここには次元上昇をもたらしたセントラルサンの座標があります。

地島学説を補強する宇宙空間の水分子雲の存在は、赤血球から白血球、リンパ球が生じ
血液から細胞が生まれる過程に、水という情報物質媒体が必須の条件で存在しています。

宇宙の創造から万物が創られる源は、分子雲から生まれる水であり、天体写真はその事を示唆しています。






 

相対性理論

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 5月 7日(木)04時02分55秒
編集済
   森田先生、【魂の救済】全10章、ありがとうございます。

 樹生さん、私の心を刺激する投稿を、二篇も書いていただいて、ありがとうございます。

 今回は、アインシュタインについて。

「アセンション終了」の宇宙的な動きが、相対性理論の見直しを促していいるというご指摘は、すごいなあ、と思いました。
【魂の救済-4】高次元宇宙の胎動
  https://sizen-seikatsukan.com/salvation4/

 合気(調和の武道)と重力の、意識レベルでのつながり、関係に関心があって、アインシュタインに注目していますが、私のレベルでは(理系の分野はすべて、ですが)相対性理論は、とても手強いです。

 ところで、「相対性理論の神話」は、PDFで読めるのですね。

 合気を働かせる意識と電気的本性の関係、触れずに倒す合気の空間を瞬時に伝わる「意識=情報」通信、などは、どうなっているのかなあ、と思うのですが、「相対性理論の神話」の「 第3.3節  重力の電気的本性の発見に関する直接的な実験的裏づけ」の結びの言葉が次のようになっていて、心が躍りました。

『重力の電気的本性が裏づけられたことは,万物を透過する瞬時の重力通信,また経済的 な重力輸送(宇宙輸送を含む)の創出への明確な展望を切り開いている。』

(私は、相対性理論の物理的側面は素人なので理解できませんが、その(素人にも直観できる)理論構造というか、力学的働きのパターンというか、そのような概念的枠組みが意識の働きを照らし出す可能性に注目しています。)

 

自性が空(無)

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 5月 6日(水)14時51分20秒
編集済
  自性が空(無)に到達する為、マントラ(真言)の
ギャティ ギャティ ハラソギャティ~を唱える示唆が般若心経です。
**************************************************************
.、、、を受けての、空と無について ちょこっとメモ書き
.
空とは絶え間なく変化し続ける現象界(動的調和宇宙)の理であり、
無とは現象界がすべて消え去り、なおかつ全情報のある
特異点(絶対静止系・静的調和宇宙)の特性を解いている
同じものの位置による違い
.
さらに 実と虚の宇宙により(ここもメビウス)、相転移4層となる
.
ということかなあと おもいめぐらしています
.
両腕をぐるぐる回すと、それも4層になりますね
これもクラインの立体になっている
.
両腕の図はこちら
https://www.facebook.com/harmonyalife/

https://sizen-seikatsukan.com/salvation10/

 

【魂の救済-10(完)】現代物理学の真髄、「場の量子論」は霊性科学と一元性への示唆

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 5月 5日(火)12時30分48秒
編集済
  遂に完結編 圧巻です!ありがとうございます
究極の話 とても精妙な感覚に包まれます

四つの相転移? 二つの宇宙? あれ、なんのことだっけ?
繰り返し読み返していくうちに なんとなく
自分なりの 受け取りが浮かんできています

単なる知識ではなく 変容を体験していけますよう
実践しつつ 自問しつつ

と書いているうちにも 変容が起きてほんわか ほわ~ほわ~ となっています^^

https://sizen-seikatsukan.com/salvation10/

 

食料品の買い占め

 投稿者:日月  投稿日:2020年 5月 2日(土)09時49分34秒
  世界的にマスク不足が生じている背景に、今年の2月頃、中国によって世界中からマスクが買い占められていたことが話題になっていましたが、現在では食料品の買い占め行為が問題になっているようです。
販売制限をした粉ミルクまで何度も並んで買い占めるので、現地の人たちが困っているとか。
ロックダウンの影響で家畜の世話をする人々がいなくなっているため、家畜が餓死して肉の価格が急上昇しているそうです。
食糧危機につながることが明確になってきていますが、市役所の担当課に聞いても、誰もそのような認識でいる方はいないですね。
 

放射能対策

 投稿者:まんぜろくメール  投稿日:2020年 4月22日(水)22時48分46秒
  もしかしたら放射能対策とコロナ対策は、かなり近いものなのかもしれません。
https://w.atwiki.jp/fulvicmicrobe/sp/
 

コロナウイルスの所属次元

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 4月14日(火)09時51分22秒
  自然生活館の新しい記事に、人間界を支える多様な生命の所属次元が記載されています。
2次元から3次元に存在する生命種は、私達が認識するものでは多様な形態種になり
変化に富んでいます。

記事から読み取れる2.0~3.0次元間の生命分布は、量子レベルから類人種に至る幅広い
フラクタル構造の有り様を、次元構成の積み重ねで説明しています。

パンデミックを発生させているコロナウイルスは2.2次元前後の所属で、分子の下位レベルに
相当しています。
分子の複合化で人間の細胞が造られますから、その分子レベル次元間にコロナが所属する
事は、人間の体細胞創造に関与する宇宙の放射エネルギーが何らかの意図を持って
関わっていることが洞察できます。

私達はその内容を精細に理解で出来ないので,自然の原理を信頼し浄化の心で
良い方向へ収束を願っています。
 

オリンピック開催の延期について

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 3月25日(水)10時42分50秒
編集済
  オリンピック開催が来年へ延期になりました。
延期の理由は世界に蔓延するコロナ(Covid-19)パンデミックの影響ですが
もう一つは、各国経済が大不況に入り資金繰りが危うくなっている現状もあります。

コロナ拡散の真意は多様性に富んでおり、2016年末に次元上昇が終了して地球は第5次元密度になっています。
その為、人類は霊性科学の時代に入り一元性へ意識の改革を促されていますが、気づかない人々はこの流れから
脱落しコロナの終息を熱望しています。

日本のコロナはS型で拡大は穏やかですが、他国はL型で感染率が急速拡大しています。
何故、日本はS型なのか、日本の存在意義を踏まえて考えると、コロナウイルスのコロナは
光冠(丸い光の輪)という太陽が発するプラズマの光で電磁波現象です。

コロナウイルスは新しい生命種で、寄生細胞に入り込む受容体の組織が複数を保持し
自然界のアナログ生体電気の電磁波に影響を受けて、受容体の組織が容易に変異する性質を持ちます。

中国武漢の電磁波は5Gが実用段階に入り、電波発信のサテライト基地が多数作られミリ波照射で
ウイルスはL型に変異し爆発感染の引き金になったと考えられます。

日本の5Gは東京から開始され危険ですが、人々の精神性が一元性方向ならL型変異はブロックできると
思っています。

コロナという名前の深意は生体電気による電磁波の関わりを表しますから、コロナウイルスはインフルエンザの
ウイルスの様に自然界に定着し、今後は収束というかたちで治ると考えています。

日本は霊性の中心地ですから国民は、収束に至る過程の意義を有意義に捉える役目を持っています。
次元上昇にも関連しますが、パンディミックは来年まで続き強欲資本主義経済は崩壊していきます。
既にその兆候が出ているので、我欲を捨てきれない人たちは淘汰されていきます。

国敗れて山河あり、にならない様、日本人が気付き率先して新しい生き方を世界に発信していきましょう。





 

白い孔と、黒い孔

 投稿者:ツルカメ  投稿日:2020年 3月20日(金)09時46分51秒
編集済
  松久正(まつひさ・ただし)医師が書いた本「ピラミッド封印解除・超覚醒」が青
林堂から令和2年1月18日に税別\1880で出版されましたが、第138頁に次のよ
うなことが書かれています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は、ブラックホールは低次元世界から高次元世界に来るときの通路であり、ホ
ワイトホールは反対に高次元から低次元に行くときの通路なのです。
 つまり、ブラックホールとホワイトホールの働きは次元の変換装置ということ
です。例えば、高次元プレアデスの生命体たちが三次元の地球にやって来るとき
はホワイトホールを通り、地球人が高次元世界に行くときはブラックホールを通
って行くわけです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
やがて上記の白い孔とか、黒い孔とかを通った時の経験を語る人が多く出てくる
ような気がします。その経験談を聞きたいと思ってい人は多いでしょう。私も聞
きたい人の1人です。


http://www.amazon.co.jp/s?k=松久正&i=stripbooks&__mk_ja_JP=カタカナ&crid=Z2BAHXIFOKVM&sprefix=松久正%2Cstripbooks%2C266&ref=nb_sb_ss_i_1_3

 

カタカムナ考察②

 投稿者:通りすがり  投稿日:2020年 3月15日(日)21時34分49秒
  六芒星=ゼロ点エネルギー?

http://www.ology.jp/generation1/

 

カタカムナ考察2

 投稿者:通りすがり  投稿日:2020年 3月15日(日)21時14分33秒
  六芒星=ゼロ点エネルギー?

http://http://www.ology.jp/generation1/

 

カタカムナ考察

 投稿者:通りすがり  投稿日:2020年 3月15日(日)19時23分41秒
  六芒星=ゼロ点エネルギー?

http://www.youtube.com/watch?v=7FFlT32G5cI

 

星祭りと先祖祀り

 投稿者:日月  投稿日:2020年 3月14日(土)18時07分20秒
編集済
  ホツマツタヱを読んでいると、興味深いことがたくさん記録されています。
たとえば、現在の日本文化の基礎を作ったのは第5代タカミムスビである豊受大神様ですが、その豊受大神様は国常立命様の生まれ変わりだったと書かれてあります。
さらに、自分の出身は北の上空36度付近にある星だそうで、それだと北極星付近になります。

国常立命様にはト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メの名の付く8人の皇子がおられ、東京八王子の語源となったそうですが、彼らはそれぞれ任地に派遣されて地球の開拓や原住民らの教育等を行った後、星になったとミカサフミという文書に記録されています。
こういう背景があるためか、当時から星祭りとして七夕祭りが行われ、引き続き先祖祭りが行われたそうです。
七夕祭りを旧暦で行っている仙台七夕とお盆の流れがこの形となっています。

豊受大神の孫として生まれた天照大神は太陽からの転生者であり、お宮には東西南北に3名ずつ、合計12名のお后様がいらっしゃったそうです。
日高見からはオオミヤ姫ミチコとタナハタ姫コタヱがお后入りしており、このうち、タナハタ姫が仙台七夕のモデルになっているように思われます。
https://ameblo.jp/unyo-ame/entry-12389651591.html
https://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/2cdf7fbda836a59ebb92eb8e8f6e06fd

現在は、地球の外周部にあった牧場の柵が消滅していますので、今後は先祖祭りが星祭りだという感覚に違和感がなくなってくるのかもしれませんね(*^_^*)

リンク先の所ですが、我が家から最も近い浜辺です。
江戸時代に仙台藩が開拓した貞山堀という所につながっており、飛んでいる鳥は鳩ではなくてカモメです。
 

魂の救済3 日本国旗の真理

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 3月13日(金)12時52分24秒
  記事をありがとうございます。
小学一年の時、美術の先生が日の丸についてこう表現しました。
「白地に赤、この単純さ、バランスといい、デザイン的に観ても、
これ以上はないという程に大変よくできている」と。
.
装飾を凝らした海外のデザインに比べて、
なんて単純なんだろうと思っていた自分は、えっ?単純ってすごいの?
と評価基準を見直すことになりました。
.
そういえばこの教師からは、「土の色をなぜ虹色に描いてはいけないの?
空気や水を緑やレモン色に描いてはいけないの?木を桃色に描くのはどうかな?」
と、固定観念を外すきっかけを頂きました。
.
メビウスの輪の工作も、この頃に担任の先生から教えていただき、みんなでつくり、
なんと面白いと、大変印象深かったです。

.
話戻って、日本の国旗は、霊性の意味が込められているものなんですね。
.
日本の自然感、宇宙観もその霊性とつながっているから、深いのでしょう。
.

日月さん 私も関連記事を読みました。
虹にむかって白い鳩が飛んでいく、単なる偶然ではないとおもいました。
https://grapee.jp/800442?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=fbp_grapeejp&utm_content=800442&fbclid=IwAR26lXra4CXLE_FBlipUxVLcnA7-IC0GDoXZF1iYCGcxycYVfn3Cpmsx5RE

.
.
好本さん、丁寧に読んでいただきありがとうございます。
.
免疫と言えば、怯えたり緊張しているときと、
にこにこ畑仕事などしているときでは、アレルギー反応が違います。
その違いが、如実に顕れてくるようになりました。
.


https://sizen-seikatsukan.com/salvation3/

 

311の地震発生時刻に虹

 投稿者:日月  投稿日:2020年 3月11日(水)20時25分43秒
  現地では地震発生時刻に合わせて1分間の黙祷が行われました。
防災行政無線等様々な方法で告知がなされ、数十万を超える方々が一斉に参加されたようです。
その直後に仙台空港近くの海辺で虹が出たそうです。
この時、15℃近くで暖かく、晴れているのに雨が降るという変わった天気でした。
https://www.youtube.com/watch?v=DAA2igDzcMY
 

想念観察をめぐって

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 3月 9日(月)06時50分49秒
   森田先生の「想念観察ノート」をもとに
 誰でも
 より実践的に理解を深められるように
 まとめてくださった
 想念観察普及の志をお持ちの方と
 その構成に協力してくださったすべての皆様の
 お働きによって生まれた『想念観察ノート』。

 樹生さんの「免疫力を高める生活習慣」に始まって
「すべてはひとつ 一体である(2)」で締めくくられたレポートは
 樹生さんの思索と行動のエッセンス。
 それは、『想念観察ノート・実践レポート』。
 そんな感じがしました。
 とても貴重な気づきが得られる内容だと思います。


 この『想念観察ノート・実践レポート』の、ひとつの読み方。

 順を追ってレポートを読んだあとに
「すべてはひとつ 一体である(1)」と「すべてはひとつ 一体である(2)」のビジョンを手がかりにして
「身体機能を正常に保つ」の内容を受けとめ直すと
 新しい気づきが得られそうな予感でワクワクします。

 さらに
 それらの3つのレポートを踏まえて
「免疫力を高める生活習慣」を読み直すと
 暮らしを
 宇宙的なレベルで豊かに営む配慮が
 生活習慣の見直しに込められていて
 有り難い!
 という思いが深まります。
 その深まった感謝の気持ちは
 免疫力をさらに高める力を
 生きいきと発揮してくれそうでウキウキしてきます。
 

本質生命体とつながる

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 3月 4日(水)14時41分28秒
  想念観察ノート はこちらからご覧いただけます

https://note.com/asuka1925/n/nbcb0f4213e12

 

コロナ騒動

 投稿者:船歌  投稿日:2020年 3月 2日(月)22時06分48秒
  インドの研究者が、パスツール研究所などの発表に先駆けて・・・1か月も早く、新型コロナウイルスにエイズウイルスのタンパク質4種が差し込まれていると発表しました。

差し込まれている・・・と・・・おかしいでしょう、世界のトップ機関よりも1か月も早くになんて・・・インドにはビル・ゲイツの研究所があると聞けば、ピンとくる人も居るのではないかな。

ま、表現としては、これが限度です。
 

追記、あるいは「一体」の確認

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 3月 1日(日)02時58分44秒
編集済
  『対生成、その2』でお知らせした情報速報ドットコムから、そのパンデミック情報記事の冒頭を掲載します。

『WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルス(COVID19)の世界的流行(パンデミック)を認定しました。
 WHOは今まで新型コロナウイルスの感染状況を「高い」としていましたが、28日付でそれを「非常に高い」とへ引き上げを行ったと宣言』

 NEWS JAPANから、関連情報を引用します。
  https://www.bbc.com/japanese/51685708

『一方でWHOは、感染の連鎖を断つことができれば、新型ウイルスを抑え込むことができるとした。
テドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、恐怖と誤った情報が最大の敵だと強調した。』

 金融市場から見た視点。
  https://www.nri.com/jp/knowledge/blog/lst/2020/fis/kiuchi/0226_2

『このパンデミック債の価格に変調が見られ始めたのは、2月中旬以降のことだ。よりリスクの高いトランシェBでは、パンデミックの条件(トリガー)がいずれ満たされると市場で認識され、元本が毀損される可能性が明確に織り込まれ始めたのである。』

 この記事には、次の記述もあります。

『パンデミックの発生後に支援する枠組みよりも、パンデミックを防ぐために、感染症拡大の初期段階に迅速かつ十分な支援ができる仕組みの構築の方が、より重要なのではないか。』

 個のレベルで、改めて、どう対応するのか、私の基本姿勢を確認しました。

 動的調和宇宙のあらゆるありようは、静的調和宇宙から見守られ、サポートされている。
 それを、周囲の情報を受けとめ直しながら、自分の内と外の、あらゆる意識の働きを内観しながら、サポートを、的確に実践していく。

『クラインのボトルは、その形を縦割りすると右回転、左回転クラインに分離する事から異なる極性が一体化した立体だと洞察できます。この考察からクライン曲率面に貼り付けられた2次元平面の動的調和宇宙(宇宙の大規模構造)と曲率内面の静的調和宇宙(宇宙意識)は一体化されて宇宙は存在しています。』
「宇宙時空間の生命活動3.クラインの壺にはりつけられた宇宙エネルギーの循環図」より。
https://sizen-seikatsukan.com/contents/uksk/

『一体のことが真に腑に落ちて、深い意味での自分を大切にする時、ミクロからマクロまでの本質生命体の会話が始まり、起きている現象は調和の方向へとシフトし始めます。』
「すべてはひとつ 一体である  (1) 」より。
https://note.com/asuka1925/n/n51d02dd9f657


 

対生成、その2

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 2月29日(土)17時38分31秒
   樹生さん、貴重な情報を、ありがとうございます。

 さすがに、(圧倒されるほど)深い!

 宇宙の奥深さを、シンプルな三層構造のもとに提示しておられますね。

 まず、

「免疫力を高める生活習慣」では、今すぐ必要な情報を、きめ細かく解き明かし、
 https://note.com/asuka1925/n/n8ecbd5638021

「身体機能を正常に保つ」では、受け身となって「見つめる」心に、宇宙のサプライズを楽しめるようにプログラミングしてくださった上に、
 https://note.com/asuka1925/n/n6d29d3c96eb8

 そこから姿勢を転じて、能動的に「見つめる」心と、「意識と意思」のコラボが、高次元の光を、今の一瞬において、めざましく活用可能な、心ときめくプロセスを、シンプルに解き明かし、

(太陽写真においては、知る人ぞ知る、田舎のあぜ道のアイドル、TOKUさんも登場しておられますし、

 その記事の中では、「常に身の回りのもの、すべての生命種(微生物、鉱物、動物、植物、星、etc)に感謝」する姿勢に欠ける私に、大切な気づきを促してくださり)

 さらに、

(ひたすら、う~む、と唸って、冷や汗かいて、反省しきりの私に)

「すべてはひとつ 一体である  (1) 」
 https://note.com/asuka1925/n/n51d02dd9f657

 という宇宙の多次元生命サイクルを説明してくださり、さらには、

「すべてはひとつ 一体である(2)」において
 https://note.com/asuka1925/n/nb1ccb43e64c9

「自然本来の姿」をも、ポイントを押さえて解き明かしてくださって、誠にありがとうございます。

 さらに、さらに、「対生成」という魅惑的なビジョンまで提示してくださっていただきながら、

 それらを、少しずつ、じっくり考えていきたい、と感じる私は、

 貧乏暇なしなので、

 本当に、嬉しくて、嬉しくて、困ってしまいます!

(WHOは、新型コロナウイルスのパンデミックを認めたようです。
 https://johosokuhou.com/2020/02/29/26532/

 樹生さんが、これまでの継続的な歩みを、集約してまとめてくださった宇宙のビジョンは、森田先生の宇宙観を学ぶ皆様に、大安心と、未来へ進む勇気と、奥深い想念観察への、心躍る工夫を、さわやかに促してくださると思います。

 ありがとうございます。

  ※「^▽^」マークに、深い励ましを感じつつ。)
 

対生成

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 2月29日(土)13時19分33秒
  森田先生ありがとうございます。FBに転載させていただきました。


一つの性質が生まれる時、同時に必ず反対の性質が生まれるている


だから 私たちの世界があるということは、必ずもうひとつの世界がある

という 裏宇宙のイメージが浮かんでいます


183次元以上・タキオン の世界はどんなでしょうとたのしくおもいめぐらしつつ^^


好本さん 投稿ありがとうございます。

こちらでも、免疫力を高める生活習慣をFBで連載していましたものを、
ちょうどNoteにまとめたところです。

よろしかったらどうぞ^▽^




https://chouwasha.official.ec/blog/2020/02/26/200119?fbclid=IwAR1pAhwAZi9Rn7LLYM9Hqag25yoYR23sZOhZIFLLK_HsnK9Jet4-7EPWwAo

 

免疫力を高める

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 2月28日(金)04時06分34秒
編集済
   森田先生、『浄化は心のパワーから』、ありがとうございます。

「予防の一番は、自己免疫力を高めることになります。」

 たまきちさんの「たまとりりとまる」に、免疫力を高める方法を、少しまとめた記事を投稿致しました。
 https://8520.teacup.com/tama8543/bbs?

  たまきちさん、ありがとうございます。

 皆様の情報も、シェアしていただけると、とても有り難いです。
 よろしくお願い致します。

 今後は、『浄化は心のパワーから』を念頭に置いて、身体を調整し、荒波を、乗り切っていきたいと思います。
 

浄化は心のパワーから

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 2月26日(水)10時50分40秒
編集済
  量子理論、相対性理論の統合具体化へ道筋が明らかになってきました。
その突破口は、無の時空から生じる素粒子の出現とエネルギー波の対生成です。
宇宙の時空間に充満している未知のエネルギーは「ダークマター」と呼ばれ
その量は50%以上です。

令和の霊性時代がサポートして、ダークマターの本質が解ってきました。
それは光速(1秒間/30万㎞)超えの伝播速度を持つ「タキオン」がダークマターで
無の時空は私たちが光で認識できる宇宙と、タキオンで構成される対の宇宙を誕生させています。

光速超えの世界をイメージして、光より速い速度の宇宙船を観測者が見ると、光は人の視野に届いて
物体を確認出来ますが、光を認識できる前に宇宙船は眼前を通過し遠ざかります。
そのため、観測者は宇宙船を見る事が出来ないのです。
観測者地点に現れる時間の進みは、時間軸が縮んで反転し出発点方向へ戻る時間の流れと
観測地点から遠ざかる方向の、2つの現象(対の生成)が同時に発生します。

上記の説明から2つの理論統合は、E=MC^2を修正して光速超えを取り入れると
新理論で2つの宇宙進化システム(183次元~低位・私達の宇宙と外宇宙183次元以上・タキオン)が
解ってきます。

無の量子世界は心のパワーが、対生成の量子誕生の有り様に大きく作用しますから
心が浄化され愛の調和が取れた心身で「コロナウイルス」へ浄化を祈ると事態は好転に向かいます。

私は福島市民で東日本大震災の経験から、人の生命が一番大事で次は生活の維持になり、お金の手当が
最後になりました。
コロナウイルスの分布は原発事故の放射線を測定するなどの対策手段を持ちませんから、予防の一番は
自己免疫力を高めることになります。
多様な創意工夫を具体化し、この緊急事態を乗りきっていきましょう。

 

アイアンマンが、A.I.に言った

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 2月13日(木)04時07分6秒
  「今回はメビウスの輪/裏返しにしろ」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』より

(A.I.に、そのように指示し、さらに思考を進めてA.I.を操ったトニー・スタークは、その後、「完成した」とつぶやいて、失った仲間たちを復活させるタイムトラベルの大冒険へ…)

 メビウスは、おもしろいですね。
 メビウスに、「試練」を乗せると、試練が、終わりなくグルグルめぐる!
 おっとっと。
 これは、まずいので、メビウスの輪を裏返しにします。
 ここでは、試練の裏返し。
 すると、試練を越えた、終わりのない始まりの大展開!

 気は心。
 宇宙は、気宇壮大。
 その展開は、心の働かせ方次第。
 宇宙は、その心を応援する。

「裏返し」=「反転」は、とても奥が深い未来化の力学だと思います。
 

「素数と意識」が生み出す微笑み

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 1月26日(日)04時11分10秒
編集済
  「2005年からの森田先生の投稿」は、多様な気づきを促す「宝の山」だと思います。
 たとえば、素数について。

『非自明なゼロ点が全て一直線上にあることが証明されると、宇宙の大規模構造の
 成因が明らかになり、ブラックホールの造られ方も解ります。
 動的調和宇宙の2次元平面世界の解明も進みます。
 数字の原理も解明され、形態を構成する波動粒の働きも明らかになります。』
「素数の世界 投稿者:森田峯生 投稿日:2016年 6月29日」。
 http://tama8543.g1.xrea.com/mineo/mineo2016.html
(たまきちさん、ありがとうございます。)

 ところで、リーマン予想に関する最新情報を伝える本の一冊に『21世紀の新しい数学』があります。

 未来を、今ここに迎え入れる志をお持ちの、数学ができる方が、森田先生の「素数の世界」を読まれて、森田先生のビジョンも学ばれた後に『21世紀の新しい数学』や『リーマン予想の150年』などをお読みになって、「素数と意識」について新しい気づきを得られる日の到来を待ち望みます。

(私の数学のレベルは、「証明」に関しては、数理論理学の本で、「1+1=2」の証明を読んで感動した、というレベルです。)

 ところで、今回、「落ち」を、「全体を集約した要点」と考えて、樹生さんの『マネー資本から自然資本へ』を読むと、その要点は、「2005年からの森田先生の投稿」。

 シンプルな樹生さんの投稿は、森田先生の投稿についてのことがメインですから、その全体は、ある意味、「落ち」そのもの。

 しかも、その投稿には、「落ちが何もありませんが」という言葉まで添えられていて、思わずニヤリとさせられます。

 ひょっとすると、最後の文章が、粋な「落ち」なのかな、とも思うのですが、令和2年、まったくもって、こちらも、オチオチしては、いられません。

 いつものボンヤリした観察力を研ぎ澄ませつつ、今ここに、「確かさの味わい」を求めて旅を進めたいと思います。

 ところで、「インターステラー」で樹生さんが書いておられた「ラストの主人公たちの微笑み」。

「ひとたび高次元界のおもいというか歓びというか」、そのような神妙な響きが心に流れ込み、思考回路を活性化して生み出される気づきは、未来を創る豊かな「微笑み」を口元に浮かべさせてくれると思いました。

 しかし、高次の情報にふれると、現実においては、心が揺れ動きます。自分の中にある、複数の価値観の「差」に揺さぶられて。

 どうすればいいの、今のままで行きたいのに、でも今、揺れている心の、向こう側に旅したほうが、いいの?どこへ、向かえばいいの?

 その方向は、「心持ちが安心で気楽に」なるほうへ。
 

インターステラー

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 1月24日(金)00時04分42秒
  映画インターステラー 3度目を観終わりました。
最初観た時は正直つまらなかったのですが、
あらまあ、こんなに名作だったのかと。
今回はストンと腑に落ちて、今までで一番面白く観ることが出来ました。
.
いま改めて観直すと、次元を超える重力の要点や、
3次元と5次元の関係性、高次元存在と自分の関係性など、
こんなにすっきり表現していたんだなあと。
.
最初に観た時は孤独が孤立の寂しいイメージで伝わってきましたが、
ラストの主人公たちの微笑みはそうではなくて、
宇宙の、存在することの信頼を感じている穏やかな表情であることにも、気づきました。
.
こういう多次元的映画や、波動科学(霊性と科学の融合であり、
愛に基づくもの)に触れて、日常とは違う位置からの視点でものを観ていると、
物質世界どっぷりから目が覚めて、芽生えてくる新感覚があります。
.
ひとたび高次元界のおもいというか歓びというか、そういうものに気づくと、
この世界の体験の意味や、あれは嫌、これならいい、
という価値観の差が次第に薄れて、心持ちが安心で気楽になっていきますね。
.
 

マネー資本から自然資本へ

 投稿者:樹生  投稿日:2020年 1月19日(日)22時53分49秒
  この表現、すごくしっくりきます。
例えばバブルの時代、自分も含めて、みんなすごく変だったけれど、
あの感じもユダヤですかねえ、でもそれを体験して知っているからこそ、確かさの味わいもひとしおになるかもしれません。
.
ただいま、2005年からの森田先生の投稿をひとつひとつ見直したり、展覧会で展示していた作画と解説文などを読んだりしていて、実に多くを学ばせていただいてきたんだなあ、と改めてありがたく、しみじみしております。
.
落ちが何もありませんが、ひとまず^^
 

新年おめでとうございます

 投稿者:森田峯生  投稿日:2020年 1月 7日(火)21時27分10秒
  皆様、新年おめでとうございます。

令和二年はユダヤ系のホツマ神界が退場し
日本を育んできた天照ホツマ神界が復活して
私達の自主独立が近づいてきます。

マネー資本から自然資本へ経済のトレンドが
変化しますから、衣、食、住が大事になります。

横の輪を広げる実生活を確立し、地域活性化に貢献しましょう。
 

観察、あるいは、2020年、宇宙の旅

 投稿者:好本健一  投稿日:2020年 1月 5日(日)09時28分36秒
   ※ワームホールの通過において。

「制御は効かない
 高次元の時空だ
 我々の三次元とは別世界だ
 ただ観察するしかない」


 ※旅の途中の、実り豊かな結実を生む、可能性の選択において。

「だって愛は
 人間が発明したものじゃない
 愛は観察可能な『力』よ」


 映画『インターステラー』より。


 続く映画のシーンから、次のことも学びました。


 その愛による選択が、
 より良い結果を生むのかどうか、
 フィードバックすることも必要。
 観察によって。


 旅の途中に、
 否定的な結論に遭遇しても、
 希望を探す。
 観察によって。
 

謹賀新年

 投稿者:ツルカメ  投稿日:2020年 1月 3日(金)07時43分30秒
  森田峯生先生、および この欄の皆さん。

今年も よろしく お願いいたします。
 

2019自然生活館セミナービデオ☆日本語字幕

 投稿者:調和舎  投稿日:2019年12月13日(金)23時55分24秒
編集済
  大変お待たせ致しました。
掲題のビデオですが、すべて日本語字幕を付けましたのでご案内申し上げます。
.
最初のビデオクリップ 前半① も字幕修正しました。こちらでご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=0oY9ZqKwx50&feature=youtu.be
.
いやあ~、字幕にしてみると、音声で聞き流してしまっていた要点にも新たにいろいろ気づき、
これからの時代の基軸となる、ものすごーく大切な話が凝縮されている!
と改めて確信いたしました。
.
お問い合わせ頂いた方、ご協力いただいた皆様に改めて感謝しております。

https://chouwasha.official.ec/categories/2040155

 

2019自然生活館セミナービデオ

 投稿者:調和舎  投稿日:2019年12月 6日(金)20時39分8秒
編集済
  前半1 お問い合わせ、ご要望に応えて、ビデオに字幕をつけました
https://www.youtube.com/watch?v=0oY9ZqKwx50&feature=youtu.be

これからすべてに字幕を付ける予定ですが、
文字おこしのお手伝いをして頂ける方いらっしゃいましたら
、調和舎 樹生 宛にご連絡下さいませ
お礼はこのビデオ全編と資料を進呈させていただきます
(電磁粒子雲解明セミナービデオでも結構です )

やり方:ビデオの音声を文字にして、テキストファイルに入力していただければ結構です。
1クリップでも、何クリップでも結構です。
連絡先:
https://thebase.in/inquiry/chouwasha-official-ec
.
.
☆おまけとして、作業していると高波動ダビングが進みます。
 会場は高波動空間の原液のようだった、という参加者のご感想もある通り、半端ない精妙なエネルギー場のコピー映像です。
.
.
字幕がすべてのクリップについたら、改めてご連絡しますが、
既にご覧になっている方、それ以前に購入された方も、自動的に字幕が観られるようになります。

以上、よろしくお願い致します。

https://www.youtube.com/watch?v=0oY9ZqKwx50&feature=youtu.be

 

2019自然生活館セミナービデオ

 投稿者:調和舎  投稿日:2019年12月 3日(火)22時27分36秒
編集済
  ☆参加者限定のお知らせです☆
.
主催のTOKUさんと相談して、宇宙的に非常に大事な節目に開催されたセミナーの記念として、
参加された方全員にビデオ収録を無料でご覧いただけることになりました。
.
ご希望の方は以下のURL(お問い合わせページ)からご連絡くださいませ。
https://thebase.in/inquiry/chouwasha-official-ec
.
 

エライ柿の木さんからの便り

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年11月11日(月)02時41分39秒
編集済
   う~む、tokuさん、トンボさんのエピソード、とてもおもしろいですね。

 というよりも、すごい!

 おおっ、なんと、たった今、田んぼのエライ柿の木さんが、時空を超えて、私に、波動でお便りをくださいました。

 では、それを、文章に置き換えてみたいと思います。

 それでは、田んぼのエライ柿の木さんのお便りを、どうぞ。

「tokuさんは、私と、とても気が合うので、

 いつも私と親しくしているトンボさんたちは、(心は、若い)tokuさんのことを、田舎のあぜ道のアイドルと感じていたんです。

 なので、柿を取りに来たtokuさんを見たら、トンボさんたちは、とても嬉しくなって、

 tokuさんの体に止まりまくったんです。

 そして、それを見ていた私も、とっても楽しかったですよ~。」
 

トンボさんにもてた?

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年11月 9日(土)15時52分30秒
  早くも11月、柿の季節ですね。

先日、田舎へ柿取りに行って来たんですが
田んぼのエライ柿の木さんは、今年もしだれ柿かというくらい実をつけてくれていました。

干柿にするのに、土手に座ってヘタを取っていましたら、ナゼかトンボさんが何匹もやって来て体に止まりまくるんですよ。
腕も動かすし体も捻るので、腕と前に止まったものはあきらめて去って行きましたが肩に止まった一匹はズットそのままでした。

じっとして少し遊んであげれば良かったのですが、日が暮れるのでそちらを優先してしまいました。

ただそれだけの話なんですが、少し不思議な気分でした。

 

無限レイヤー(階層)による、多次元の、「もう一つの地球」

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年11月 4日(月)02時43分42秒
   宇宙という多次元世界の構成要員として今を旅する個々の皆様の役割遂行を励ます情報のひとつになることを願って。

《大構想 『新しい天と地と』》。
 https://www.youtube.com/watch?v=asLmHPW_JRY

(要約)
 座標を持つ現実の映像を、バーチャル世界に取り込み、
 3D映像にして、「もう一つの地球」を創り出し、
 必要なだけコピーして、様ざまなレイヤー(階層)の地球を生み出して、
 緊急の防災対策はもちろん、フィードバック可能な経済、快適な暮らし、文化、文明の構築に向けて、
 多種多様なシミュレーションや実験を展開して得た有益な成果を、
 座標を通して現実に投影して、
 喜びと新しい可能性に満ちたリアル・ライフを創造する「もう一つの地球」。
 目ざすのは、般若心経によって示された全肯定と普遍性を手がかりにした、地球人類の恒久平和。
 今後、促進される宇宙人類との調和的交流のキーワードも、まったく同じで、
 全肯定と普遍性。
 

融合

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月31日(木)03時10分54秒
   新たな宇宙サイクルで人間の果たす役割は、次元上昇の終了によって、その実践を妨げていた要因の90%以上が消滅したために、

 これまで継続してきた様ざまな営みが、新しい彩りを帯びて、

 偶然のような、思わぬ進展が、必然の流れの中にあることを、内観で、手応え深く実感していると、

 急きょ、これまでの様ざまな「思い」が、とんとん拍子で新しい側面を開示して、

 従来考えていたものより遥かにダイナミックなビジョンを心の中で展開し、

 それが潜んでいた「縁」を掘り起こし、

 旧知の仲間たちと、さらにふれあいを深めていると、新しいふれあいもナチュラルに生まれてくるので、

 さりげない心地よさに包まれ、懐かしい方も初めての方も全く違和感がなくて、

 毎日の一人での振る舞いも、ふれあいの中での振る舞いも、

 共に、光の浄化機の静かな浄化の風を浴びているようで、

 深まりゆく静けさの中で、喜びを満喫していると、その風によって、

 宇宙という多次元世界の構成要員としての自分の役割が、より明確に自覚されてきて、

 そのせいでしょうか、壮大なスケールの衝撃的な宇宙のビジョンの中に位置する自分の今ここの旅、という思いに、ひと時、嬉しさと共に圧倒されながらも、

 なんとも穏やかで柔らかな心地でくつろげる時の進展に乗る自分という溌剌とした気分に満たされて、

 次元上昇が終了して繰り広げられる新たな宇宙サイクルの中で、

 今までの常識を180度変えることになる事態をも愉快に受けとめて、自分の旅に活かせるように、

 霊性進化の再学習を、毎日の暮らしのやり繰りの中にうまく組み込んで充実させよう!

 と、気持も新たに仲間たちとの歩みを見つめると、

 光の浄化機の、静かな風のエネルギーが、毎日の暮らしの中で、決して色あせることなく、

 一瞬ごとに、新たに波動ダビングし直されているようで、

 その更新された新鮮なエネルギーを、豊かな臨場感をもって感じていると、

 自分を見つめる眼差しにも、

 世の中を見つめる眼差しにも、

 チャレンジの思いを盛り上げさせてくれる、様ざまな課題と、厳しい現状というありように、透明に重なりながら息づく、

 高次元の未来を、今ここに呼び込む、

 豊かな可能性が、未知の直観を育むように、多様に感じられます。
 

折り返し起点

 投稿者:樹生  投稿日:2019年10月28日(月)19時10分26秒
編集済
  森田先生、TOKUさん、ご参加された方、
様々にサポートしてくれた皆さま、ありがとうございました。
.
会場の雰囲気もエネルギーも、
お土産の写真やカードやポプリもすっごく気に入っていて、
久しぶりのお顔にも再会して、梱包作業をしながら、この感じ懐かしいなあ、なんて
笑い合ったり。

偶然のような必然の流れの中、急きょ、とんとん拍子で参加することになり、
何も考えずに新幹線に乗り会場に赴きましたら、
さりげない心地よさに包まれ、懐かしい方も初めての方も全く違和感がなくて、
光の浄化機の静かな浄化の風を浴びながら、
言葉で理解していないかもしれない、にもかかわらず
たくさんの情報エネルギーが自動的に入ってきているような
濃くてあっという間のひと時でした。

そのせいでしょうか、壮大なスケールの衝撃的なお話でありながら、
なんとも穏やかで柔らかな心地でくつろげる場でありました。

翌日以降も、あの場のエネルギーが波動ダビングされたようで
今もって臨場感をもって感じることができます。
のどかに穏やかですが、非常に激変している感もあります。


今回の映像記録を公開できますように、これから編集作業に入ります。
どうぞ、お楽しみにー ^^

調和舎
https://www.facebook.com/harmonyalife/



 

宇宙サイクルの2019年10月の意義

 投稿者:森田峯生  投稿日:2019年10月28日(月)09時13分58秒
  2019年10月に開催されたセミナーは、2013年に次元上昇が終了し新たな宇宙サイクルが始る
スタートに対応する時間帯でした。
今後の地球文明は、宇宙という多次元世界の構成要員として個々の方の役割が明確になり
それを確認するための集まりでした。

新たな宇宙サイクルで人間の果たす役割は、従来考えていたものより遥かにダイナミックで
その実践を妨げていた要因の90%以上が消滅しました。
このポイントが次元上昇の発生と終了なので、セミナー参加の皆様へ詳細な情報を伝えました。

地球の真文明史が次々と明らかになるので、その時に混乱しない様、心構えのヒントも伝えました。
今までの常識を180度変えることになるので、その対応は霊性進化の再学習が必要と説明しました。

セミナー開催へご尽力頂いた方に厚く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

自然生活館 森田峯生 感謝






 

☆セミナーご参加の皆様へ<感謝!>

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月27日(日)18時57分18秒
  台風も心配されましたが、当日はスッキリと晴れてよい日和での開催となりました。

参加されました皆様、ありがとうございました。

セミナーでは深遠なお話から、身近なものまですばらしいものであったことは勿論ですが

光の浄化機・次元上昇機にみんなで集まって写真を撮ったり、お話されながらいろいろと
感じられたことは貴重な体験だったのではないでしょうか。

また、森田先生のお嬢様からの心のこもったプレゼントもありまして、今回参加された皆様は
いつも以上に満足されてお帰りになられたように感じられました。

皆様の分も含めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

セミナーご参加の皆様へ

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月24日(木)22時12分14秒
  『自然生活館セミナー』ご参加の皆様へ

当日のご案内(ソニックシティビル)
歩行デッキ側から一番手前の下層階用エレベーターをご利用になり7階下車
705会議室 12:40 OPEN、13:00開始予定です。

ご参加の皆様を心よりお待ち申しあげます。

 

☆セミナー参加申込について

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月23日(水)22時06分22秒
  自然生活館セミナーまでもう少しになりました。

 ここで、まだ申し込めますかの事前確認のメールが来ておりますが、大丈夫です。

24日(木)までは事前確認は不要ですので普通(ストレート)にお申込み下さい。


ただ、懇親会の方は締め切らせて戴いておりますので、どうしてもの方は事前にご相談下さい。

 

美しい未来波動の「体内」で

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月18日(金)03時12分6秒
  『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場する愉快なキャラの一人、グルート。
 一種、「樹木型ヒューマノイド亜種」とでも呼べそうな宇宙人。

 物語がクライマックスへ向かうシーンで、ガーディアンズが、墜落する宇宙船の中で危機を迎えます。
 するとグルートは、自分の体の枝を縦横に伸ばして、ガーディアンズを包み込み、自分の「体内」(?)に仲間たちを包み込んで守ります。
 その「体内」の光景は、とてもファンタスティックで、美しいです。状況は、とても危機的なのに。

 私たちは、深刻化する危機的状況において、森田先生が、未来から呼び込んでくださる高次元波動という「体内」に包み込まれて、危機を克服する智恵と力を、美しい未来波動に導かれながら、内観を通して、個々の旅で発揮しようと努めているように感じられます。

 ところで、グルートには、アホな一面もありまして、親近感を憶える私が、普段のドジなありようを包み隠さず表現すれば、「あんた、アホなグルートそのものやないの」ということになります。

 思わず、私は、真っ赤になって、デヘヘ、と照れ笑いしてしまいます。
(どうやら本人、褒められている、と思っているようです。)

 ところで皆様、セミナーが、刻一刻と、近づいてきている模様であります。
 

(無題)

 投稿者:樹生  投稿日:2019年10月16日(水)23時07分40秒
  好本さん 返事おそくなりました。お元気そうでなによりです♪

今朝、西埜さんから急いだ様子で、テレビで福島が大変と知ったけど、
峯生さんは大丈夫か!? と問い合わせがあり、
掲示板の投稿をお知らせしたら、安心してさっさと電話を切られました。
(pcやってないから、ほんとに要件はそれだけだったんだなあ)^^;

月日が経っても 遠く離れていても 絆は切れていないんだなと、
映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(SFコメディ)
のようなセリフを独り言ちました。


船歌さん シバキンさんのお知らせありがとうございます。

お会いしたことはないと思われますが、こういうご縁もあるんですね。

 

阿武隈川の水害

 投稿者:日月  投稿日:2019年10月15日(火)18時05分8秒
  気になりましたので、現地確認してきました。
阿武隈川沿いに阿武隈急行が通っています。
福島側から宮城側に入り、丸森町中心部に抜けるまでの間、兜駅~丸森駅にかけて両側から山が迫り、川幅が非常に狭くなる区間が連続しています。
この地区は水位上昇が非常に大きく、水害に大きな影響を及ぼしているようです。
この区間の前後の上流側と下流側で、水害が大きくなっています。
さらに、阿武隈川が丸森側に抜けた途端、五福谷川と新川が合流しています。
合流地点の丸森町役場付近を中心に水害が広がっていました。
加えて、阿武隈川の流れが大きくカーブする区間でもあるので、役場付近からカーブの外側に向かって水害が拡大していました。
対岸の、カーブの内側の区間では水害らしいものが全く発生していないのが印象的でした。
 

阿武隈川の水害は大規模です

 投稿者:森田峯生  投稿日:2019年10月14日(月)17時08分10秒
  福島県を襲った台風19号は、東北第二の一級河川、阿武隈川流域に集中豪雨をもたらし大規模水害が
発生しました。郡山市や二本松市の阿武隈川流域は川幅が広くなく、堤防は貧弱で河岸近くに民家が多くあり
流量オーバーになると、濁流があふれ出し氾濫します。
郡山市では工業団地が水没して再開の目処が立っていません。

福島市の東側を流れる阿武隈川は、川幅に余裕がありますが伊達市に入る流路は手前に大きな支流が
三本流入し、水量が増しています。その為、堤防は大規模で上には舗装路があります。
しかし、東京河川の様に河川敷が無くいっきに濁流増水すると、流路が直線に河川改修されているので
流れが非常に速くなり、川底や堤防の側圧力が急激に増して、伊達市で堤防が決壊し大きな被害が出ています。

物量を頼りにする治山治水から自然界が示す叡智を活かした河川改修へ、見直しが求められています。

 

たまきちさんの、あったかいハート、あるいは宇宙経綸の進展

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月13日(日)04時34分3秒
   以前、自然生活館の掲示板に、私が(文字通り)稚拙な投稿を続けていた頃、たまきちさんが投稿してくださる記事から感じられるあたたかさに、いつも励ましをいただいていました。

 たまきちさん、ありがとうございました。

「たまとりりとまる」では、たまきちさんの探究心は、ご健在のご様子で、頼もしいなあ、と思いました。

 私は、森田先生のあるセミナーで、たまきちさんに、お会いしたことがあります。
 たまきちさんは、期待通りの、あったかいハートそのままのお方でした。
 とても、嬉しかったです。

 私は、今、第一に取り組む課題に人生の大半の時間を費やしているため、ズバリ申し上げますと、不器用なので、その取り組みにとても手間暇かかるために、今回の森田先生のセミナーに参加する余裕はなくて申し訳ありませんが、

 ハルモニア倶楽部さんのユーチューブ動画をご覧になって、「へえええええ、ほおおおえええ、と発見」された、皆様のユニークな気づきに、10月26日のセミナーは、さらに奥行きが、豊かにもたらされるセミナーになるんじゃないかなあ、と、ふと思いました。

 今回のセミナーをお世話してくださっているtokuさんは、田んぼの土手にある、田舎の干柿用の、エライ木と、波動の深いレベルで親しくしておられるご様子ですが、

 やはり、自然と、波動の深いレベルで親交しておられるハートには、宇宙の進行もナチュラルに映し出されてくるのではないでしょうか。

 そして、未来を今ここに映し出す森田先生の波動研究に関心をお持ちの皆様は、『ナゼ次元上昇が起こったのか』その他の講義内容にふれて、宇宙経綸の進展を、ご自身の歩みに、個性的に落とし込む、多様な気づきを受けとめられるのではないでしょうか。

 

☆セミナー参加申込みについて

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月11日(金)09時27分58秒
  自然生活館セミナー(10月26日(土))
 『ナゼ次元上昇が起こったのか』他

まだまだ、参加受付してますよー

上のtokuから、タイトルを「セミナー参加申込み」として
お名前×人数、連絡先(TEL)、セミナーのみorセミナー+懇親会かを明記してメールを
折り返し受付確認及びご案内の返信をさせて戴きます。

よろしくお願いしまーす。

尚、お申込の詳細は8月25日の掲示板に記載があります。
 

宙返りラッパ

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月11日(金)02時37分21秒
編集済
   日月さんのお誘いをいただいて、西埜さんが実体験されたUFO物語を、初めてマンガで読みました。
 日月さん、西埜さん、ハルモニア倶楽部さん、ありがとうございます。
 以前、森田先生のセミナーでお目にかかった西埜さんは、骨太な意志をお持ちの方、という印象でした。
『宙返りラッパ』では、ユーモアも楽しめて、私などには、いっさい体験できない世界を冒険してこられた西埜さんは、おもしろいお方だなあ、と思いました。

 ところで私は、内観の手がかりを『宙返りラッパ』からいただけないかと思って読みました。

 心を鎮めて内を見る。
(内を見る、とは、意識を見ること。
 意識自体には、内も外もないので、肉体の内側と、肉体の外側の全体を、つまり、内と外が自分を通して響き合う、360度のエネルギーの動き具合を見る、観じる、それが、内観。)

 その時、いろんな想念の挑発があります。
 その挑発を、うまく受け流して見つめる。
 それは、まず受け身の姿勢になりますので、「見つめる」ことは、「待つ」ことにも通じます。

 そして、意識の深みへ、挑発に気を取られた心を引き戻して、そこに、どこまでも止まり続ける。
 意識の深みのエネルギーは、より精妙な、より多層的な調和を生み出す、力強いエネルギー。
 そのエネルギーを、意識で観じ、肉体で受けとめ直すことで、それまでの意識は、今を積極的に旅する個の必要性を満たす、新たな次元に組み替えられていきます。

「よく戻ってくれました!
 挑発に乗らないで/
 待つことができれば/
 ここは最強なのです。」
『宙返りラッパ』ハルモニア倶楽部より

「待つ」ことは、場合によっては、世代間に跨がって待つ必要もあります。
 そのようにして成就される内観の課題もあります。

『宙返りラッパ』の舞台となった「箱根」。
 日月さんの丁寧な情報提供によって、『宙返りラッパ』を楽しむ私の心には、ある奥行きが与えられました。

「箱の根から表に出て枝となり開花したこと」

「ほつまつたえ」を運営しておられるhon-hotsuma さんが『箱根の語源 その2 箱の意味』で書いておられた考察を、内観に、豊かな光を当てる方向で書き直させていただきます。

《親が出来なかった内観の課題を、自分の息子夫婦に伝え、その道を深めてもらい、そのプロセスを、孫が、煮詰めて、成し遂げてくれた、その魂のリレーを、天も納得され、喜んでいることと思いました。》

 複数の世代に跨がる探究は、肉親たちだけでなく、問題意識を共有する仲間たち、という場合もあります。
 その「仲間たち」を、たくさんの星に見立てると、複数の世代に跨がる探究は、銀河のリレーのようでもあり、ファンタスティックだなあ、と思います。

『宙返りラッパ』は、多様な読み取りが可能なUFO物語ですね。

 今生の、個人の意識の旅において、そこで達成されるものを暗示する『宙返りラッパ』という視点に立てば、次のようにも読み取れます。

「内観の営みの、根から表に出て、枝となり、歩みを継続して開花させた、今ここの旅における貴重な気づき」


 

<栗>談義

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月 9日(水)16時48分37秒
  好本さん、ありがとうございます

小生の表現がまずく、誤解があるといけないので間が開いてしまいましたが再度のご説明です。

まずクリシギゾウムシの幼虫ですが、この大きさは変わりません(体長10mm・胴体2~3mm位)

栗の大きさが
◎普通の栗(横幅30~45mm・重量20~30g位) ◎山栗(横幅25~30mm・重量10g位)です。

クリシギゾウムシが産み付けた卵から幼虫になるのに、住処として大きい方が確率が上がるのかなと・・・

単純な発想です。


好本さんの文章は行間からユーモアと楽しさが感じられて、いい気分で読ませて戴いています。


 

もともとあるもの

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月 9日(水)02時44分23秒
   樹生さん。
「樹生のビデオレター」、よかったです。
 https://www.youtube.com/watch?v=TvcPT70joiY

 静けさの中で、気づくもの。

 静けさを旅するとは、
 そのプロセスとして、心のブロックを、
 解きほぐす旅。

 苦しみ、痛み。

 それらを包み込む静けさ。

「樹生のビデオレター」から、
 豊かに広がる静けさを手がかりにして、
 苦しみ、痛みを、
 そのまま見つめ、そのまま感じる。

 その「見つめる意識」や「感じる意識」は、
 見つめることを通して、
 感じることを通して、
 そこからさらに奥にある意識へ向かいます。

 つまり、
「そのままの意識」へ、
 遡行します。

「そのままの意識」とは、
 もともとあるもの。

 意識の本来のありよう。

 それにしてもフシギな遡行の旅。

 それによって変質する、苦しみ、痛み。

 遡行によって、
 苦しみとしての意識が、
 痛みとしての意識が、
 その外側の意識の中へ、解き放たれる。

 静けさの中へ、解き放たれる。

 その静けさの中から、あふれ出る歓び。

 ある意味、
 苦しみや、痛みは、
 本来の「そのままの意識」へ帰りたい、
 と言ってるのかな、と思います。

「もともとあるもの」へ帰りたい、と。

 紆余曲折を経なければ、
 前に進めないドジな私にとって、
 苦しみや、痛みは、
 とても手放し甲斐のある、
 一種、粋なプロセスです。

 

現場の底力

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年10月 5日(土)16時07分14秒
編集済
   tokuさん、ありがとうございます。

「先走り好本」としましては、tokuさんの、現場からのレポートに、なるほど、と関心が深まります。

 栗から出てくるクリシギゾウムシの体積が、普通の栗と山栗で、何倍も違うという成長力の差は、どこから生まれるのか?

 幼虫が生存し易い処に卵を産み付けているとしたら、その場所に当たりをつける的確な観察力のしくみは、どうなっているのか?

「消毒という名の殺菌」に、「安心」が得られないのは、「菌」についての理解を、また「菌」を殺すことへの自覚を、フィードバックしていないから?

「この辺で少し別な方法も考えて見てはどうか」という発想が、なぜ「この辺で」生まれるのか?

 宇宙を流れる時と、個の意識を流れる時に、「この辺で」大自然との調和を促そうというシンクロニシティが生まれたのか?
 だとしたら、そのシンクロニシティは、「どこから」、「何によって」生まれるのか?

 その意識の営み全体は、どのような方向性を持っているのか?

 柿が本当に実が生るのに10年位かかるんですか。
 ドジな紆余曲折が避けられない旅をしている私は、柿をパクパク食べて大いに元気をつけたいと思いました。

 肥料も剪定も一切しないのに、毎年1000個位の実を生らせる干柿用の木のエライ営み。

 私の人生で、「肥料も剪定も一切しない」で、「毎年1000個位の実を生らせる」気づきという名の「干柿用の木」のタネを植えてみたいのだけど、そんなタネってあるのかなあ、とついアホなことを考えてしまう私。

「先走り好本」は、そんな木を、エライなーと思いながら、私の意識の、田んぼの土手から見上げてみたいのであります。


 

(無題)

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年10月 1日(火)21時20分58秒
  好本さん、ありがとうございます。

ただ、好本さんの深い洞察力によるものとは違って、小生のは単なる思い付き程度のものです。

そもそも、栗に着く虫の主なものはクリシギゾウムシらしく栗から出てくる時の大きさは1cm弱くらいで
普通の栗が大きいので4~5cm位、山栗で2cm位ですから体積では何倍も違いますね。
ですから、単に幼虫が生存し易い処に卵を産み付けているだけかも知れません。

スーパーとかに置いてある栗は、虫は湧きません。
それは安心というより、虫が生存できないように消毒という名の殺菌をしているからです。
今まで、虫が湧くから(着くから)と当然のように消毒という対応を条件反射見たいにやってきた
訳ですが、この辺で少し別な方法も考えて見てはどうか、見たいなことです。

話は変わりまして、小生の田舎では自家用としての柿の木がとても多いです。
桃栗3年柿8年(続きもあるようですが)といいますが、柿は本当に実が生るのに10年位かかります。
しかし、どうしてか分かりませんが柿には害虫とかがほとんど着かないんですね。
それが柿の木が多い理由かも知れません。
田舎の干柿用の木は田んぼの土手にあるんですが、肥料も剪定も一切しないのに毎年たくさん生って
くれて(毎年1000個位)いつもこの木はエライなーと思って採らせてもらっています。

 

tokuさんへ、そして樹生さんへ

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年 9月28日(土)17時29分18秒
   tokuさんが、DNAの違いに着目して、
 そこに、応用を効かせることについて、
 提言しておられましたが、
 私は、「tokuさんの方向性」と、
 同期する自信はないのですが、
 それでも、
 大枠として、シンクロナイズする、
「DNAの違い」を生み出す、
「応用の効かせ方」について、
 個の思いと、
 そこに関わる多層的な本質生命体の皆様の、
 生きいきしたネットワークが、
 ポイントではないか、と思います。
 そこで、
 調和舎の樹生さん、
 個の思いと、
 多層的な本質生命体の皆様の思いとをめぐって、
「DNAの違い」を生み出す、
「応用の効かせ方」について、
 何か、基本的な理解が不足している私のために、
 ご意見をいただけると、
 とても有り難いです。
 すべては、「思い」に帰着する、
 と、私は考えています。
 そのために、想念観察が必要だと思います。
 私は、先走りしやすい性格のために、
 基本的な理解が不足していると実感しています。
 よろしくお願いします。
 間もなく開催されるセミナーにおいて、
 参加される皆様は、
 個の人生の旅を充実させるための、
 また、そこにシンクロナイズした、
 多層的につながる、
 地球の旅の、
 多次元生命を充実させる、
 有益な気づきを受けとめて、
 深い充実感に満たされるのではないでしょうか。
 

波動のご紹介

 投稿者:樹生  投稿日:2019年 9月27日(金)15時57分36秒
  こんにちは。いよいよセミナー、一か月切りましたね。

調和舎では波動のことを知っていただけますよう、これまでのセミナーの映像など、少しずつアップロードを始めています。
第一弾は音声のみですが、今後は普通に映像でお届けしていきます。
.
見直しながら、改めて、へえええええ、ほおおおえええ、と発見することがたくさん。
.
既にご覧になったことのある方も、よろしければ、見直してみて下さいね。^▽^

https://www.youtube.com/watch?v=Q2cP5YVl49I&feature=youtu.be

 

会場へのアクセスご案内とお願い

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年 9月25日(水)16時42分14秒
  お申込み戴いた皆様、ありがとうございます。掲示板をご覧の皆様、ありがとうございます。


駅からのアクセスのご案内
大宮駅のメイン改札をでてそのまま西口へ向かいまと歩行デッキ(2階)があります。
駅舎を出で左方向へ向かうとSOGOデパートです。デパートの前まで来ると右手にひと際高い建物が見え、それがソニックシティビルです。
SOGOデパートの横を進みますと信号、階段なしに歩行デッキでビルまで繋がっており、脚の悪い方でも安心です。
(ソニックシティビルの前にパレスホテル大宮の文字が見えます)

ホテルのご案内(大宮駅西口のホテル)
◯パレスホテル大宮(会場に隣接)
◯CANDEO HOTELS 大宮(10月1日 NEW OPEN)
◯スーパーホテル さいたま・大宮
◯マロウドイン 大宮
◯HOTEL メイン

 一駅隣(さいたま新都心駅)にも
◯ホテル メトロポリタン さいたま新都心
◯東横イン さいたま新都心
◯アパホテル さいたま新都心       等があります。


☆☆お願い☆☆
秋分の日も過ぎて9月ももう残り少しですね。
ここでお願いですが、懇親会にも参加される予定の皆様は特にお店予約の関係上
出来るだけ今月中にお申込み戴けますと幸いです。


 

実りの秋<栗の考察>

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年 9月23日(月)22時34分37秒
  厳しい夏も過ぎて

やっと実りの季節が到来しましたね。

さて、秋の味覚一番?の栗ですが田舎では今年は昨年と比較すると約10日位実りが遅れてますね。
これは、どんな要因何でしょうか

栗の木は田んぼの周りにあるのですが、一般の木と山栗(自生)が並んである同じ土壌でも
山栗は虫食いが非常に少ないです。

これはDNAが違うのでしょうか、もしそうなら色々と応用が利くのではと思われますが

 

地球の危機より運動会が大切だと言った男

 投稿者:日月  投稿日:2019年 9月19日(木)18時36分30秒
  西埜さんのマンガが調和舎から出ています。
とても面白く、興味深く仕上がっていると思います。
https://share.clip-studio.com/ja-jp/contents/view?code=88e1d4c7-aabd-4e7f-aa86-81f64f556d40

なお、話の中に出てくる箱根はアマテル大神と正妃セオリツ姫との間の子であるオシホミミ様が神上がりされた場所です。
その時の経緯を簡単に記しています。
https://ameblo.jp/nikkyougekkyou/entry-12527264304.html
https://jhonreno.exblog.jp/22677258/
 

森田先生のビジョン

 投稿者:好本健一  投稿日:2019年 9月15日(日)17時21分8秒
編集済
   肉体は、「もの」です。
 肉体を、健やかに維持するためには、様ざまな「もの」が必要です。
 たとえば、水、発芽玄米、雑穀、蜂蜜、黒ごま、あるいは縄文菌(?)です。

 肉体の中には、心が宿っています。
 心からは、実に様ざまな「思い」が生まれます。
 あらゆる思いを、ひと言で要約します。
「こと」です。
 漢字を当てると「事」になります。

「こと」は、「もの」との対比において用いています。

 歴史的に積み重ねられ、使用され、熟成された、心の姿勢の(つまり、「こと」の解明の)システム的集大成が、文化です。

 歴史的に積み重ねられ、使用され、熟成された、技術システムの(つまり、「もの」の解明の)集大成が、文明です。

「こと」を、あらかじめ、森田先生のビジョンで、自分なりに工夫して、自分の言葉で方向づけておきます。
(それを、短い言葉で、宣言としてまとめて、いつでも、どこでも活用できるように工夫しておくと便利です。)

「思い」は、複数存在し、ランダムに動きまわり、調和を欠きます。
 ということは、「こと」は、ランダムに動きまわり、調和を欠く、ということになります。
 そのために、森田先生のビジョンで、「こと」のありようを、あらかじめ、自分なりに工夫して、自分の言葉で方向づける宣言を用意しておくことが必要になります

「こと」は、具体的な人間関係の「縁」に触れることによって、特定の「思い」となって起動されて、「個の今の旅」に深い影響を与えます。

「こと」のありようを、時代潮流まで視野に入れて方向づけるために、森田先生のビジョンを学ぶ必要が、ここあると思います。

 その学びの裾野が、着実に拡大されることによって、森田先生のビジョンは、新しい時代のために、これまで準備されてきた「もの」と「こと」を統一的にシステム化するビジョンであることの理解が広まっていくのではないかと思います。
 

お知らせ

 投稿者:船歌  投稿日:2019年 9月15日(日)06時34分12秒
  旧名 無度とか笹船 で、PC壊れたためにしばらくネットからは遠ざかってました。

@ここの常連だったシバキンですが、この3月に動脈瘤破裂で亡くなりました。
 亡くなる2日前に何か気になった私は彼の家に向かいまして、家近くの田んぼに植わってる5本の梨の木にカラスが4羽づつ止まっており、その中に白いカラス1羽を目撃し、なんじゃ?

1昨年の2月にシバキンと私は天栄の中庭に立ち、その時私に「6ボウ☆」があったら良いとヒラメキが^^で岩崎さんに伝えておきましたら1年後にソレを設置したと報告が・・・へぇ~~

@ 新しいブログを開設したんですが・・・1日で消されてー。。ー
  もう~3度目ですから考えないとイカンですね。

@ 縄文菌・・・ハンパない発酵力です。
  あの直感オナゴが欲しいと言えば、そちらに送っておきますが・・・

@ CMC の一粒で 優秀な還元水・水素水が無限にできます。

  1粒が300円で一生使えるというスグレものです。

  長野のリンゴ家さんの紹介だと言えば、学会登録・無料 して手に入れることができます。

  効能云々は学会登録者のみに伝えられるみたいでね・・・

  とにかくこの水のおかげで、リンゴの日持ちが良くなってありがたいこと。
 

☆セミナー申込へのお知らせ(お願い)

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年 9月10日(火)22時35分1秒
  参加申込みをされた皆様ありがとうございます。

 さて、明日11日(水)~16日(月)の間に参加申込みをされた方への返信は
事務局の都合でまことに申し訳ありませんが17日(火)にさせて戴きますので
予めご了承方お願い申し上げます。


森田先生、台風への対応ありがとうございました。

 

福島原発への台風直撃は避けられました。

 投稿者:森田峯生  投稿日:2019年 9月 9日(月)10時36分4秒
  台風15号が福島原発地域を直撃する危険があったので
光の浄化機を連日、フルタイムで運転をし福島県の波動値を高めました。

9月7日から大型次元上昇機のフル稼働を投入し、台風の進路が早く太平洋上になる様
対策を強化しています。

9月9日午前10時で台風は茨城県沖に到達し、15号は小型で台風の目がしっかりした
強風型の台風です。
左回転渦の東側が強風域で、既に洋上にあるので原発立地地域は難を免れました。

福島市は台風渦の北東面にあるので風も弱く、微風の様な状態で西側に入ると
北西の風が多少強いと思います。

福島市内の降雨状態は、次元上昇機が稼働している地域の約3㌔四方は
風も微風で小雨です。
3㌔から先の車運行は、激しい雨の連続でライトの点灯が必要な
視界状況です。
 

☆セミナー参加募集のお知らせ

 投稿者:tokuメール  投稿日:2019年 8月25日(日)22時11分2秒
  『自然生活館セミナー』参加募集のお知らせ

日 時 10月26日(土)13:00~16:00
場 所 ソニックシティビル 705号室(大宮駅西口から徒歩約4分)
    参加費用 ¥8000-

特典1 次元上昇機の撮影タイム設定
    (デジカメをご持参下さい、5次元を写しましょう)
  2 自然生活館オリジナルカードのプレゼント(参加者全員)
  3 太陽さんのKECI体、7角形の写真プレゼント(希望者)

懇親会 場所未定(セミナー会場の近くを予定)
    参加費用 ¥4500 18:00~20:00を予定


◎参加の申込方法
 上のtokuからメールでタイトルを ☆セミナー参加申込み として
  ①お名前、参加人数
  ②連絡先(TEL)
  ③セミナーのみ or セミナー+懇親会
   を明記してメールにてお申込み下さい。

 折り返し、受信確認と指定の振込口座のご連絡をさせて戴きます。
 指定口座への振込、入金確認を持って受付の完了となります。
  以上、お手数をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

〇参加申込みの受付は9月1日開始と致します。


  またとない機会ですので、たくさんの皆様のご参加をお待ち申し上げております。 感謝!!

  
 

/48