teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


6・16発表会報告

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 6月18日(月)20時31分35秒
   先週の土曜日、梅雨なので天気が悪いのは仕方がないが、涼しいというよりは寒い1日。にも
かかわらず、横浜市港北公会堂のバックステージは、照明のせいかとても暑くて、ぼくはずっと
半袖だった。

 湯川賀正のギターとウクレレの教室の発表会は、前回までのピアノ教室との合同開催ではなく
初の単独開催、しかも初めての場所での開催ということで、11回目ということもあり、節目と
言っても過言ではない。ぼくはたぶんそのすべてに参加していると思う。最近はスタッフとして
お手伝いしながら、ありがたいことに何曲かうたわせてもらっている。


 2018年6月16日 第11回ギター・ウクレレによる初夏の発表コンサートにて
             なかじまよしおwithゆかわよしまさうたう 於 横浜市港北公会堂

1 チコちゃん(なかじま=ハーモニカ・ゆかわ=マンドリン)
2 1月のレクイエム(なかじま=ハーモニカ・ゆかわ=マンドリン)
3 スローモーな子(ゆかわ=ウクレレ)
4 アクロス・ザ・ユニバース 宇宙をこえて(Lennon-McCartney作・日本語詞 仁科憲一)
5 戦争を知らない子供たち(北山修・杉田二郎作)


 長いようで短い、短いようで長い、この小さくて大きな積み重ねには、実のところ多くの人間
が関わっていて、常に変化する中で、現われる人間もいればいなくなる人間もいる。ぼくも
それらの例外ではないとすれば、ぼくはいつまで関わるのだろう。
 
 

音小屋オープンマイク

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 6月11日(月)23時29分16秒
   5月29日、4月24日の内視鏡でのアニサキス摘出の診断書を書いてもらいに林内科を再訪
した。あさイチに行って午後に受け取ることができたのだが、費用が6,000円もかかったの
には驚いた。夕方、出がけに共済金申請書類を投函してから実家に行くと叔母がいて、久しぶり
だったので母と3人で夕飯を共にしながら話しをした。それから夕飯もそこそこに、横浜の
LIVE BAR音小屋のオープンマイクに行く。ここはちょうど1年ほど前に知り合ったゲルブアル
リシャットアンサンブルが定期的に出演していて勧められていたので、4月24日にオープン
マイクに参加しようと思っていたら、上記のアニサキスによる胃痛でそれどころではなくなり、
ようやく一か月後の実現となった。現地に着くとオープンマイクは始まっていて、男性がピンで
しゃべっている。音楽だけではないようだ。出番で呼ばれるまで出演者の演奏を聴きながら様子
をみる。常連さんが多いようで出演するのも訪れるのも初めてのぼくは例によってポツンと所在
がないのはいつものこと。そこへだれかの差し入れのチーズケーキが店の方からぼくにも
ふるまわれうれしくなる。ステージは次々と進みぼくの番になる。初めてだと挨拶するぼくに
暖かい拍手がうれしい。持ち時間や曲数など詳細が何もわからず不安だったが、「空想旅行」
と「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の2曲をうたった。その後も次々と出演者が
やって来てはうたうのだが、他人のステージへの乱入ができるというのがここの特徴のようで、
弾き語りの人にもベースやドラムスがほぼ必ず入り、客席も一体となって賑やかだ。初めての
ぼくの時でさえ、ちょっとだけタンバリンの音がしていた。帰りにかつて訪れたことがある元
ゴールデンカップスのエディ潘さんの店ストーミーマンデーを記憶を頼りに探したらすぐに
見つかって、入りはしなかったがここに来た頃のことがよみがえり懐かしかった。
 

5月になって~ライブ報告など~

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 5月16日(水)00時37分21秒
   5/6(日)は、阿佐ヶ谷Next Sundayのオープンステージで、「空想旅行」と「ストロベリー・
フィールズ・フォーエバー」の2曲をうたう。ここはグランドピアノがウリとのことで、鍵盤
奏者が多い。また、大型連休最後の日曜日のせいか参加者が多く、ドラムソロやら組曲を物語る
人やらテルミンを演奏する人までいて、雑多な感じがよい。


 5/12(土)は、お世話になっている大学生協の企画ライブ。主催で共演のバンドAn Balanceは
、メンバー4人の内1人が急病で来られなくなるというアクシデントにも関わらず、素晴らしい
演奏だった。

2018年5月12日 中川ローラーコーストにてなかじまよしおうたう

1 空想旅行 2 チコちゃん 3 竹田の子守唄~こきりこ節
4 プライド 5 ものがたり


 5/13(日)は、2か月ぶりの荻窪BUNGA。出演者4組中ギターが2人、鍵盤が2人と
バランスがいい。ぼくはセットリストがなかなか決められず、家を出る前に候補曲を試してみて
デキの悪い2曲をはずして5曲で臨んだのだが、演奏を終えてみると持ち時間の30分ピッタリ
だった。去年の暮れの白楽サミーズカフェのライブで知り合ったYoshiyuki Takanashiさんが、
大雨にもかかわらず横浜から聴きに来てくれたのがうれしかった。

2018年5月13日 荻窪BUNGAにてなかじまよしおうたう

1 空想旅行 2 チコちゃん 3 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
4 プライド 5 ものがたり
 

ライブのお知らせ

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 5月 4日(金)15時55分34秒
   流れに任せていると、ここのところ荻窪に辿り着くことが多い。というわけで5/13(日)に
3月にも訪れたライブバーBUNGAで、だけど前回と異なり今回はソロでのライブです。詳細
はいつものように、サイトトップからライブ情報をリンクしたのでご覧ください。
ご来場をお待ちしています。  
 

4月を振り返る

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 4月30日(月)19時32分7秒
   左奥の歯茎が腫れてきて、触ると痛くなってきたので、行きつけの歯医者に飛び込んで診て
もらい、抗生物質と鎮痛剤をもらい、1週間後に虫歯も末期状態とのことで抜歯することに。
その数日後、今度は夜中に胃が痛くなり、翌朝内科で診てもらうと、アニサキスだろうと内視鏡
で診てもらうと、やはりアニサキスが普通は1匹らしいのだが3匹もいて、それらが頭を胃壁に
突っ込んで毒素を注入しているために出血していて、胃が痛んだのはそのせいだと判明した。前
の晩に食べた鰹の刺身にいたらしい。摘出後ホルマリンに浸かったアニサキスを見せてもらった
のだが、けっこう大きかった。テレビなどでも時々アニサキスのことは取り上げられていたけど
、まさか自分の身に起こるとは夢にも思っていなかったので、刺身を食べる時も注意したこと
なんかなかったが、アニサキスの実物を見たら、この大きさなら注意すれば事前に発見し、取り
除くこともできたのにと思ったが、あとの祭りだった。画像も見せてもらうとアニサキスの他に
ポリープもいっぱい見つかったが、今のところ問題ないとのことで、こちらは切除しなかった。
その間ずっと風邪気味だったのだが、蓄膿症の薬に加え、歯医者でもらった抗生物質、更に内科
でもらった胃薬と、最大で8種類の薬を服用していたため風邪薬も飲めなかった。それがここ
2週間のこと。当然出費もかさみ、健康面と金銭面ではダリフンダリケツの日々だった。

 一方音楽面では、4月初めに「ラッキー」、一昨日「さすらいのレコードコレクター」と2本
もごきげんな音楽映画を観たり、昨日はオープンマイクだと勘違いして出かけた荻窪のチャーリ
ーズ・スポットで行われた「オリジナルソングを歌う会」に、皆さんのご厚意で飛び入り参加
させてもらい、「空想旅行」・「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」・「ものがたり」
と3曲もうたわせてもらったりと実りの多い月だった。
 

Desperate man is not desperado!

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 4月29日(日)01時51分7秒
   「さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物(原題 DESPERATE MAN BLUES)」という
映画を観た。全体的には痛快だったのだが、主人公の「ロックはそれまで存在していたその土地
その土地にあった音楽をダメにした。」ということばに、日頃嫌グローバリズムのぼくには重く
考えさせられてしまった。それでも、「バカがつくぐらい必死にやることの尊さ」といった印象
が最後には残る、ぼくにはムフフな映画だった。
 

3/22ライブ報告

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 3月25日(日)21時21分41秒
   一昨年からうたい始めたストロベリー・フィールズ・フォーエバーに続いて今回、日本語で
うたうビートルズの第2弾としてアクロス・ザ・ユニバースを取り上げたのだが、それは今年の
年賀状のやり取りの中から産まれた。友人でシンガーソングライターのたんばりんを通じて知り
合った仁科君は、洋楽を直訳するのではなく、ぼくにはこう聞こえるというオリジナル訳をして
いて、たんばりんは彼の訳したビートルズナンバーをレパートリーとしていた。うたわれては
いないが仁科君には、ビートルズのアビーロードのB面を同様に訳したアビーロード詩集という
作品もある。年末年始に部屋の片づけをしていて、次いでにコンピュータも整理していたところ
、「仁科君」というフォルダーが目に留まり、以前ほんの一時期、彼とメールで詩のやりとりを
していたことを思い出し、懐かしく開いたフォルダーの中に件のアクロス・ザ・ユニバースも
あり、うたいたい旨を年賀状に書いたら、彼からぜひにとのメールが届き、以前から自らの
レパートリーとしてうたっているたんばりんにも了解を取った上で、ぼくは練習を始めた。

 セットリストの決まり方に決まりはない。今回は目玉として、アクロス・ザ・ユニバースを
演りたいとぼくが言った以外は、湯川君とのやり取りの中、自然な流れで決まっていった。

 今回のライブでは、「防波堤へ釣りに行っています」の演奏中に客席から自然発生的に手拍子
が起きた。そんなことは後にも先にも初めてだと思う。うたいながら戸惑った。戸惑いながら
うたい続け、うたい終えた。そして理由が分からないながらも、なんだかとてもうれしかった。


2018年3月22日 荻窪 Live Bar BUNGA にて なかじまよしおwithゆかわよしまさうたう

1 空想旅行 2 君のいない8月 3 酒・靴・ズボン 4 防波堤へ釣りに行っています
5 アクロス・ザ・ユニバース 宇宙をこえて 6 ものがたり

3~4 メドレー(バンジョー ゆかわよしまさ)
5   Lennon-McCartney作(日本語詞 仁科憲一)

 今回は手拍子もだが、まったく予想もしていなかったこととして、10年以上交流が途絶えて
いた友人との再会もあり、ぼくにとっては特別な夜となった。
 

ライブのお知らせ

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 3月11日(日)17時31分13秒
   早過ぎでも遅過ぎでもない、英語で言うならright time。今年の初ライブを今月22日(木)
に、なかじまよしおwithゆかわよしまさのデュオで、荻窪のライブバーBUNGAで行います。
詳細はいつものように、サイトトップからライブ情報をリンクしたのでご覧ください。ご来場を
お待ちしています。
 

桃の節句

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 3月 4日(日)22時39分54秒
   「書きこみゅにけいしょん」は、ことばがすべてだ。画像も動画も一切ない。一方フェイス
ブックでは、ことばは画像に添える程度だ。ことばで伝えたいコトがあり、ことばでは伝え
られないモノもある。3月3日は桃の節句。妻が花を買ってきて飾った。

 https://www.facebook.com/yoshio.nakajima.355
 

蓄膿症の再発

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 2月23日(金)21時38分12秒
   今年の初めに鼻のCTを撮って、蓄膿症が治っていないことは確認したが、鼻声や声枯れなど
の症状が無くなったことと、抗生物質を投与し続けた結果、昨年末の健康診断で肝機能低下と
診断されたことで、蓄膿症の治療をやめていたのだが、2週間ほど前に風邪を引いたのが
きっかけとなり、1週間ほど前から風邪が治っているにもかかわらず、鼻詰まりや鼻声といった
蓄膿症の症状が続いている。治っていないのだから再発というのは正確ではないかもしれないが
、藁をもすがる気持ちで約2か月ぶりに再び病院を訪れた。薬を処方してもらい、後は症状が
改善するのを祈るばかりなのだが、不甲斐なく情けなく惨めにうなだれている。
 

レンタル掲示板
/61