teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ありがとう

 投稿者:あ・うん・Sメール  投稿日:2008年 3月12日(水)14時52分30秒
  いま、ここはお休みにしています。よろしく。
メール・ jouei@kta.biglobe.ne.jp  へ。
 
 

1970年・「坊つちゃん」

 投稿者:あ・うん  投稿日:2005年 2月 5日(土)00時13分24秒
   年譜をみると、'70年代・多忙。’73・「必殺仕掛人・春雪仕掛け針」、「必殺仕置人」①②(主水・登場篇)、「荒野の素浪人」、「怪談・同棲殺人事件」・(同・おとし穴」まあ、なんと、ブツツズケに、動いています。わかいんだなあ。
 映画は、若いひとの もの です。(例外は、あります。敬愛する 新藤兼人さんのように。)
 ’68年「ジョン万次郎」1h・8本(いま、資料がたくさん出てきたので、映画にしたいもの)、「復讐の歌が聞こえる」(原田芳雄・初主演・山根成之・共同監督)、「鞍馬天狗」7本 ’69・「はやと」(里見浩太郎・主演)12本、’70・「新三匹の侍」。
 「坊つちゃん」(竹脇無我・主演)1h・6本・漱石原作のとおりに、きちんと撮りました。
 これが撮りたくて監督になりたかつたのに、なんと、大船移籍と同時に撮れました。
 田村高広、米倉斎加年(学生演劇のときからの友人)ほか、いい キャストが、ずらり でした。

  代表作のひとつ。

 これも、欣喜雀躍。きびしい予算、たりない時間。でも、充実・達成感のある いい 仕事でした。
 なんとか、DVDにしたい作品です。

 ’71・「もうひとつの青春」1h・6本、これも、達成感がありました。松橋 登、地井武男、大谷直子、山形勲。(このころ、監督は、一人で、全話担当。)

 そうして「黒の斜面」「嫉妬」です。

 H・P 表題にある 「ジモンノコトバ」は、’70・1・1に、できました。

 いまだ、およびませんが、いつも じぶんに といかけています。いまも!

 ”あすは、ためらいながら、ちかずき、きょうは、矢のように、飛び去る。
 そして、きのうは、しずかに立つている。” (シラーの詩・意訳)

 過去は、しずかに していてくれませんでした。きゅうに、たちあがつて、いま のなかに、とびこんできました。

 これは、’05・2・2 の続き です。 ああ、しんど。まだ、いくらでも、続けられますが、このへんで・・・
 メールは、前段に記載・・・しばらく やすみます。

  
     どうぞ・よろしく。

                      頓首・ あ・うん。
 
 
 

mail は、下記へ

 投稿者:あ・うん  投稿日:2005年 2月 4日(金)19時49分19秒
  sadanaga@jcom.home.ne.jp

掲示板、また、おやすみ します。メールのやりとりが多くて、それが、日記になつてますので・・・おゆるしを!
 

2005・2・2

 投稿者:あ・うん  投稿日:2005年 2月 5日(土)00時26分46秒
  「新荒野の素浪人」DVD・4・6-発売。彩プロから依頼され、インタヴューを受ける。

 なつかしい!32年前の作品。ビデオで再会。台本を押入れの奥から埃だらけになりながら、引き出す。1973・8・26~9・2。脚本を書き上げる。於・旅館・梅林。
 原題・ごぜ唄無残。改題・群狼の宿。
 第一稿・即・決定稿。9・7・クランク・イン~アップ・9・20。休み・3日。
 やはりメモは、しておくものだ。32年前が、よみがえる。ビデオで、さらに・・・

 うれしく たのしい仕事だつた。この3年前 「新三匹の侍・おれが女にした女」で、三船プロから、オファーされたときも、うれしかつたが、これは、もうひとつ上。

 あの三船敏郎さんと仕事ができる!’48年「酔いどれ天使」・前にも書いたが、中3のときに観て以来、三船フアンなのだ。監督という仕事があることを、知つたのも、この時。

 うれしくないわけがない。たのしくないわけがない。
 依頼をくれた、勝田康三さん、伊藤 満さん・ふたりのプロデユーサーに感謝。
 一気にホンが書けたのも、とんとんと、撮影が進んだのも、気分が、たかまつていたからだろう。
 撮影・山田一夫、音楽・佐藤 勝、編集・阿良木佳弘、殺陣・久世 竜、助監督・天野恒幸、下村 優、記録・黒岩美穂子さん。現場は、あかるく、たのしく、アツというまに終わってしまつた。 いい スタッフ、いい キャストにめぐまれて。

 三船さんは、寡黙・”男は黙って・・・”言うとおりに、演技(うごい)てくれました。ときどき、あの、照れたような、”菊千代”の笑みを浮かべて・・・なぜか、ぼくは、至福。
 ”次郎吉、川に落ちて死んだふり、たぬきのように、腹を浮かして流れてゆく”(台本ト書)
 坂上さん”え?”こちらをチラッと例の上目で見ましたが、素直に、すなおに、流れていつてくれました。あ・うん!だつたでしょう。
 大出 俊さん、たつ、いい芝居どころが少なく、きのどくでした。
 それにしても、ほんとうに、なつかしい。再会して、ホンは、詰め込みすぎ、演出はへたくそ。先輩の、池広一夫さん、田中徳三さんに、恥ずかしい。

 ただ、3つほど、ユニークなところがあります。ほんのすこし自負してます。そこのところ、見ていただければ、ありがとう!です。

 (なを、この作品は、’89年「月影兵庫あばれ旅・金に転ばぬ奴がいた」で、リメイクしました。)

 ありがとうございました。    あ・うん。
 
 
 

夢 叶うまで挑戦

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 4月 4日(日)20時22分50秒
   笑顔と和の勝利。いい決勝戦だつた。準決勝に、だいたい、いい勝負が多いのだが。
 斎美、上甲監督の、笑顔がいいので、応援を続けた。和、を実感した。名電が、後攻めなので、ハラハラ、どきどき。美少年の、福井投手のひきしめた唇とホクロが、チャーミング。目も、かわいい。敵失を、大胆、かつ繊細に、狙う監督の采配。うん、 いい。
 校歌も、いい。花冷えの、日曜日。いい日だつた。
 夢叶うまで、挑戦を !  以和為貴。
 
 

水・核・運・華。

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 3月29日(月)14時36分34秒
   水は方円の器にしたがう。融通無碍。核・それぞれの人にだけ、与えられているもの。
 運・おおいなるかたのきめられること。華・運に、ついてくるもの。
  
 ”花 開くとき 蝶 来たり ちょう きたる時 はな ひらく”
 
                         -良寛ー
 
 いやだ、つらい、なんだこんなもん、と 思うときが ピンチ、そして、チャンス。
 ピンチをチャンスに、かえる、かえきるとき、それが 達成感 至福。かえていくときを たのしむ・・・これこそ 人生。 演出も、演技も、どんな仕事でも、おなじ。
 そう おもわれませんか。
 この一点 これこそが、大事、大切、屁理屈は、いわないで・・・
 他人を、自分の、都合のいいもの、道具、と思わないで・・・とくに親も子も。
 ”親子は いちばん仲のいい 他人と 考えてみる”
 こんな CM がありました。 米倉まさかね親娘で。いいCMでした。
 水のように、融通無碍に、自分の”核”を、ちいさい、ちいさい”核”を、きつちりと、もつ、持ち続ける・・・と、”運”が、ついてくる・・・運は”華”です。
 華・はな・花 を、咲かせましょう。
 ”秘すれば 花 ・・・” 
 

国技・大相撲

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 3月28日(日)19時18分19秒
   いま、朝青龍が、全勝優勝。3日前かなあ、むすこの 敏 と飲んでいて、いろいろ、来し方 行く末 などを、はなしているうち、相撲のことになりました。
 ”モンゴルや 双頭の竜 天翔ける””青赤(しょうせき)の 竜に
 国技は 如何にせん”川柳2首、即席でいうと、「1は、まあまあ、2は、あかん。」
「なんでやねん」「おやじも、日本人やなあ、国技つてなんや、」「なるほど、それも、そやなあ」「スポーツで、いいやん」「うむ・・・」「モンゴルは、日本人の祖先かも」
「うん、アカンボのとき、おしりに、蒙古はんが、出るもんなあ」「おもろければ、いいやん、日の丸かてそうやで、こんな、すばらしい国旗、あらへんで。」「うん」「俺たちのために、死んだ人びとの、血にそめられた旭日や、」「おまえ、ええこと言うなあ」「照れること、いわないの。」
 まずは、朝青龍さん、おめでとう。 しかし、大関さんたち、も、ちつと がんばつてえな。tume-詰めの あまさ です。前に出る 基本はだいじ。いちばん。が、技で、ついた手を た繰られたら・・・おもつたとうり。千代大海さん、悔しいやろうなあ。
 スポーツの、日の丸 うつくしい。いい。 強制されたら、断固 拒否。
 いやですか。いやだいやだと、いつてると、チョウヘイせい になりますよ。
 規律ただしいひと、素直なひと、正直なひと、みんな すき。でも、群れて、付和雷同する人、あかん。きらい。いいひとを、食い殺す、弱肉強食の、この時代。
 あなたは、どのように、生き抜いて いきますか・・・。

 Congratulations !
 

日の丸・君が代の 強制

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 3月28日(日)14時43分25秒
   長い間 ルスにしました。「どうしたの」と、メールが、たくさん。ご心配 おかけしました。ありがとう。お許しください。 元気です。メール交換だけで、日記代わりになつて、こちらを、ネグツテいました。寒波で、湘南の桜は、まだつぼみ、咲いていません。あしたあたり、いつせいに、咲くのでしょう。が、ニュースは、よくないことばかり。
 強制は ない と繰り返していたのに・・・卒業・入学式での強引な監視員つきの強制・・・。3・11付、朝日 声欄「国家の統制がここまできた」高校教員 渡辺 哲次さん、投書には、ある決意と勇気が、必要だつたでしょう。あやうし日本。できれば、この 声、 聞いてみてください。
 春爛漫 花ひとひら、杯に浮かべて、うましざけを、ひととき 楽しみましょう。
 

アカデミー授賞式

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 3月 3日(水)05時55分4秒
   はじめて、ずーと見ました。はなやかなお祭りで、たのしかつた、「たそがれ清兵衛」残念でした。このところ観た映画では、NO 1 だと思うのですが・・・岸 恵子さんの声が効いてましたね。よかつた。
 このところ、アーカイブ、に、はまつて、手書きの原稿がすすみません。古いなんてものじゃありません。あたらしい、いい。名作、傑作、佳作、たくさん。
 鴎外の「雁」高峰秀子版、若尾文子版ー池広一夫監督。原作を読み直しました。つらいことも多いけれど、いい時代ですね。こころ があります。
 今見た「西部の男」ワイラー、クーパー、’40年度の作品。これも佳作。けつして”時間泥棒ではありませんでした。ま、2月29日など、WOWOW だけで、朝から翌1時半まで、みつずけました。「戦場のピアニスト」吹き替え、字幕と2回。「セント・オブ・ウーマン」、「トレーニング デイ」、この2本も いいですよ、3回目かな。
 3日は「ギャング・オブ・ニユーヨーク」を見ます。同時間帯「恋におちたシエイクスピア」、これ、未見なら、おすすめ。 あらら、アサです。あうん。
 

HAPPY BIRTHDAY

 投稿者:SADA  投稿日:2004年 2月24日(火)23時16分17秒
  2・22。じゅんの 誕生日。2002・02・22にあけた、空のボトルを残している。本棚の上、竹村健の版画”豊かなる時間、そして、はじまり”の前においている。
 CONGRATULATIONS! 豊かな時を、たつぷり、かれと、彼の友人たちが、持てますように・・・
 この日、かれを解放して、ひとりでTVを見つずけました。 「TITANIC]ラストのいいところから「サイン」「プラトーン」「ビュウティフル・マインド」「ブレイブハート」
「ショウシャンクの空に」まで、ぶつつずけ。「Signs」は未見でした。
 「The Shawshank Redemption」これは3回目かな、いいです、おもしろい。ポスターが、ミソ、そして、弱点、唯一の。「七人の侍」の前髪、木村功の、まげのように。
 でも、そんなことを忘れさせるほど、Marvelus です。未見の方、どうぞ見て・・・

 

レンタル掲示板
/10