teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 悪徳弁護士についての話題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


阿部芳樹さんへ

 投稿者:竹下光彦メール  投稿日:2010年 5月26日(水)07時06分45秒
返信・引用
  コメントありがとうございます。

あの放送(ニッポン放送“おはようGood Day”)で私の塾のことが紹介され、各方面からさまざまな反響がありました。さっそく見学に来てくださったご家族もあります。

「全員第一志望校に合格」というのは、成果を見える形にするための、あくまでも方便です。
それがいちばんわかりやすいと思っています。
いくら徳育の大切さを強調してみても、塾生の成績が下がってしまったり、志望校に入学すらできないようでは、本末転倒というものです。世間一般の保護者が望まれることを、まずは実現して差し上げることが大切です。そうでなければ、「だから無料なのだろう」と言われてしまいます。

現在一緒に学んでいる子どもさんは、実に伸び伸びと楽しく学んでいます。手応えを感じています。
必ず目に見える成果を出せると確信しています。

お寺という環境は、そこで学ぶだけで、学ぶ心構えが違ってきます。子どもたちは、お寺の門をくぐるときは一礼し、玄関に入るときは、大きな声で挨拶をし、靴を揃えて上がります。
そうしろと教えなくても、自発的にそうなるのです。

勉強の内容も、知識の習得ではなく、「自分のアタマで考えられる人になる」ことを最大の目標としています。学年や教科の枠組みを取り払った指導もしています。
たとえば、中学2年の数学では、文章題を連立方程式で解くだけでなく、1年で習った一元一次方程式や、小学校の算数として解く方法、グラフを使って解く方法などについても考えさせます。
英語は中学2年で英検3級合格レベルにまで到達します。

これは、何か特別な方法で英才教育をするのではなく、子どもたちが自発的に学ぶ気持ちが起きた結果としてそうなるのです。

いくら英才教育を施しても、大人になってから、手抜き工事に加担する建築士や、不倫相手の子を不同意堕胎させるような医者、クライアントから金をどう巻き上げるかしか考えないような弁護士にさせたなら、その人を育てた人は共犯者のようなものです。

幸い、地元の長崎小学校や西池袋中学校の校長先生、副校長先生が全面的にこの塾をバックアップしてくださり、密接な連携を取りながら、活動を進めています。それも、この塾が営利を目的としていないからこそ、できることです。理想の教育と金儲けは両立できません。

今後ともご支援のほどお願いいたします。
 
 

ラジオを聴き賛同しました。

 投稿者:阿部 芳樹メール  投稿日:2010年 5月26日(水)05時51分57秒
返信・引用
  私、47歳会社員です。かねてから教育、学力教育一辺倒ではなく中江藤樹さん佐藤一斉さんのような寺子屋的 道徳教育の必要性をかんじていました。竹下様は全員第一希望へとありましたが現在はそのようなスタイルを保ちつつ変革しなければ難しいのでしょうか?お時間がおありの時に返信頂ければ幸いです。                      〒223-0051 横浜市港北区箕輪町2-15-29-106  阿部 芳樹  

無料の学習塾、無量大成塾について

 投稿者:竹下光彦メール  投稿日:2010年 5月20日(木)08時36分38秒
返信・引用
  去る4月3日、かねてから計画中の「無料の学習塾」、無量大成塾を開講しました。
小中学生を対象に、西武池袋線椎名町駅前の金剛院というお寺で、“平成の寺子屋”として、いっさいの料金を受け取ることなく、補習と進学指導を行っています。
2年間の担任制で、第一志望校合格を目標として、少人数クラスで指導します。毎年3月、小学校5年生、中学校2年生を対象に募集します。
この塾はビジネスとは無関係ですので、すべてのノウハウを無償で公開します。
関心のある方は、メールでお問い合わせください。
 

誰のおかげで大きくなったと思ってるんだ!

 投稿者:竹下 光彦  投稿日:2010年 1月12日(火)00時41分20秒
返信・引用
  先日、茅ヶ崎市にある児童養護施設「子どもの園」の指導員をしておられる波岡龍平先生(71歳)をお訪ねし、3時間ほどお話しさせていただいた。

波岡先生は、童話作家が本職で、NHK教育テレビの放送作家としても長年仕事をしてこられた方。

ご自身が脳梗塞で半身不随になり、車いすの生活をされながらも、奥様と一緒に、幼児から高校生まで約90人の子どもたちの「おじいちゃん」として生活指導をしておられる。

ここの施設に住んでいる子どもたちの大半はDV(家庭内暴力)の被害者たちで、父親や母親の一方的な暴力から逃れるために隔離・保護されている。

理由もなく子どもに暴力を振るうような親に限って、自分の権利意識だけは強く、自分に親権があることを理由に、子どもを取り戻す処分を求めて家庭裁判所などに訴える人が多いという。

そうなると、裁判官や調停委員の人たちは、世間知らずの「良識派」がほとんどだから、「子どもは親の元で育てるのが当然」という主張に押されて、子どもを元の家に戻せという裁決が出てくる。

子どもたちが親の元に戻ると、また同じことが繰り返され、子どもは再び施設に戻ってくる。その繰り返し。

波岡先生の仕事の大半は、こうした身勝手な親との戦いだ。

自分勝手な連中だから、子どものために支給されるはずの「児童手当」なども、全部飲み代やパチンコ代に使ってしまう。そのことに対して子どもが親に文句を言ったときに、親から返ってくることばが、表題のセリフ。

民主党政権になって、月額2万6千円(初年度は半額)の「子ども手当」が支給されるようになると、金額が大きくなるから、そんな親はさらにふえるだろう。

子どもが求めているのは、物質的な満足だけではない。DVの親は、金やモノだけにはひれ伏す輩(やから)だらけ。

波岡先生の戦いは、これからも続く。
 

純粋な心が人を動かす

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2009年12月30日(水)10時03分45秒
返信・引用
  この話は、政治家や財界人が主張すると、どうせ利権がらみだととられます。
ボクたち一般ピープルが論議するからこそ、説得力があります。

日本の国をこのまま「落ち目の三度笠」にさせないためにも、陛下のご在位中に実現させたいですね。Bakuさん、折にふれて論議を巻き起こしましょう。
 

そうですね。

 投稿者:Baku@夢追い人  投稿日:2009年12月30日(水)03時21分59秒
返信・引用
  御帰京賛成です。

 本当に竹下さん詳しですね^^
 

平成遷都を推進させよう

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2009年12月27日(日)17時01分49秒
返信・引用
  亀井静香氏が天皇陛下との朝食会で、陛下のお住まいを京都または広島に移されるよう提言したという。
大賛成だ。
もともと明治天皇は、明治維新当時、京都から東京に一時的に出張される程度のお気持ちであったと聞く。現在の皇居は、仮住まいのおつもりだったのだ。
それなら、天皇が京都に戻られるのは、「遷都」ではなく、「ご帰京」あるいは「ご帰還」と呼ぶべきかもしれない。
いずれにせよ、都を移すことは、大きなインパクトがある。日本の停滞感を打破するきっかけになることは間違いない。控えめに想定しても、次のような効果がある。
① 政治と文化の中心を東西に分けることにより、東京の一極集中が緩和され、地方の活性化が促される。
② 天皇の権威が政治に利用される弊害を減らすことができる。
③ 新たな産業や雇用の促進につながる。
④ 旧江戸城の「開放」により、東京の再開発を進めることができる。
⑤ 荒廃した人心を一新させる機会になる。

これを実現させるには、全国民の意識を結束させなければならない。「平成遷都を推進する臣民の会」のような組織を作ってはどうか。
 

fishmanさんへ

 投稿者:竹下光彦メール  投稿日:2009年11月24日(火)13時03分49秒
返信・引用
  コメント、ありがとうございます。
エッセイは、山ほど書いていますので、そのうち本にまとめるつもりです。
このところ本業が忙しく、HP が立ち枯れ状態です。これも時間ができたらリニューアルします。
 

(無題)

 投稿者:fishmanメール  投稿日:2009年11月24日(火)00時38分42秒
返信・引用
  偶然,このブログを発見しました。それほどネットサーフィンをするわけでもない私が。エッセイがおもしろ過ぎます。続編はお書きにならないのでしょうか。  

うん、やっぱりお気の毒だ

 投稿者:竹下光彦メール  投稿日:2009年11月17日(火)14時08分53秒
返信・引用
  誰にでもわかりやすいように、まとめます。
① 乞われて嫁いだのに、想像もしなかった世界に直面して精神的に苦しみ、離婚すらできない人は、気の毒ではありませんか?
② 自分自身が現場に居合わせたわけでもないのに、伝聞だけをよりどころにして、自分の実名を名のることもなく、他人をあーだ、こーだと批判してウサを晴らすこともできない人は、気の毒ではありませんか?
 

レンタル掲示板
/20