teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 悪徳弁護士についての話題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ありがとうございま~す!

 投稿者:天姫 音々  投稿日:2006年 2月22日(水)13時45分55秒
返信・引用
  がんばりますよ~☆拙い演技を誉めて下さりありがとうございます・・・。益々がんばらなければ(笑)今度は、代表の紗月も連れて遊びに伺いま~す♪  
 

がんばれ、ヤング婦長!

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 2月21日(火)19時23分54秒
返信・引用
  ネネさん、書き込みありがとうございます。
病み上がりだったそうですが、歌、踊り、演技というトライアスロンをこなした根性に、ただただ敬服しました。きっと、ネネさんには芸能の神様(弁天様 and/or Muse)がまもってくれているんだと思います。
僕の母も、80歳を過ぎるまで、安田生命ホールで琵琶の演奏会を開いていました。病気の問屋みたいにいろいろな病を背負い、ふだんはヨボヨボのおばあさんが、舞台に上がると別人のように輝いていました。
ネネさんも、仕事との両立がたいへんでしょうが、ぜったい途中でくじけることなく、芸の道を突き進んでください。仕事も、芸事も、勉強も、続けていればきっといいことがありますよ。

↓劇団ティアラのHP

http://gekidants.hp.infoseek.co.jp/

 

ごめんなさい・・・

 投稿者:天姫 音々  投稿日:2006年 2月21日(火)14時51分55秒
返信・引用
  一言で終わってしまいました(汗)すみません・・・アナログ人間なもので・・・(笑)お久しぶりでございます♪江戸川区の演劇祭に来ていただき本当にありがとうございました。ネネにとっては、課題ばかり残った演劇祭でした・・。でもこれからもより良いものをお届けできるようがんばります☆今後とも劇団ティアラを、そして天姫音々をよろしくお願い致します☆また五反田に遊びに行きますね♪ ネネ  

こんにちは~☆

 投稿者:天姫  投稿日:2006年 2月21日(火)14時44分17秒
返信・引用
  初めての書き込みです☆  

山手線の車内にて

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 2月21日(火)00時11分25秒
返信・引用
  電車内に優先席があって、「優先席付近での携帯電話の使用はご遠慮ください」って書いてあるけど、さっきからどかっとすわってるおじいさんが、大声で携帯をかけている。保護してほしいなら、本人たちも自覚してくれないとね。  

風説なんかで運命を変えるな

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 2月 6日(月)03時30分28秒
返信・引用
   ライブドア事件で、「風説の流布」という行為の違法性が話題になった。
  そもそも「風説」つまり「風の便り、街のうわさ」がなぜ問題になるのだろう。風説という情報が、単なる噂ではなく、一定の確実性をもったとき、人の行動に影響を及ぼすようになる。
 現代は情報の洪水の中で、たった一人の人間が流すガサネタで大勢の人が振り回されてしまうことがよく起きる。権力者の意図的な情報操作によって、個人だけでなく集団全体の運命すら変わってしまう危険にも満ちている。
 自分のアタマで考える習慣のない人は特に危ない。たまたま周囲にいた人間が強烈な仮説を反復して聞かせると、その検証をすることもなく仮説を事実として信じてしまう。
 ある特定の情報は、自分にとってどれほどの価値や意味があるのか、常に考えながら行動しなければならない時代だ。

http://www.educainc.com/essay/essay-johonokachi.htm

 

ヤシにご用心!

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 1月25日(水)13時43分12秒
返信・引用
   子どものころ、神社のお祭りで香具師(ヤシ)や芸人たちがいろいろなものを売ったり、大道芸をやっていた。
 どうしても不思議だったのが、「透視術」。目かくししたおばさんが、目の前に出された品物がなんだか当ててしまう。不思議で、不思議でしょうがなかった。
 あらかじめ用意したものではなくて、見物人がその場で差し出した品物でも、「ハイ、帽子です」と当ててしまう。目かくしが効いていないのではと疑うと、今度は後ろ向きになったまま、「色は茶色です」と当ててしまう。
 進行役のおじさん曰く、この本を読めば、だれでも透視できるようになるという。オレはすっ飛んで家に帰り、なけなしの貯金箱から50円をつかんで戻り、その本を買った。家に帰ってその本を読んだが、関係のないことばかり書いてある。
 後で義兄から聞いたのだが、それはおじさんとおばさんがグルになっていて、おじさんが、「はい、次は何ですかァ」とおばさんに尋ねるときの言葉に符丁、つまり暗号が仕込まれていて、帽子なら帽子とわかるようになっているのだという。要するにだまされたのだ。
 ホリエモンのやったことは、このだましとそっくり。裏でつるんでいる者同士が派手にカネのやりとりや企業買収を仕掛けると、観客もついその気になって虎の子をはたいてしまう。小遣い銭ならともかく、生活のかかった金を失った人の恨みは深い。彼の所業をはやし立てた人も同罪だ。

http://www.educainc.com/essay/essay-kimimohoriemon.htm

 

レリハラ被害の根は深い

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 1月18日(水)00時14分57秒
返信・引用
  セクハラ、モラハラなどに比べると、「レリハラ」という言葉はほとんど使われていない。
「Religious harassment=宗教上のいやがらせ」のことだ。小さな職場では、同僚の大半が特定の宗教団体に属していることがある。
その宗教に入っていない同僚に対して、強引な勧誘だけでなく、露骨な嫌がらせをすることがある。被害を訴えようにも、多数の人間が口裏を合わせて加害者をかばうから、始末が悪い。
レリハラに苦しんでいる人はたくさんいるはず。憲法20条が泣いている。
オレはいずれこの問題を掘り下げるつもり。

http://www.educainc.com/essay/essay-religious_harassment.htm

 

少子化対策のカギは「愛」

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 1月12日(木)22時58分55秒
返信・引用
  金美齢さんにお会いしてきた。台湾総統府国策顧問という肩書きなので、陳水扁総統のコンサルタントという立場の方だ。
台湾や中国に対してだけでなく、日本についても非常に大胆で率直な発言をされるので、昔から尊敬してきた。日本の少子化についても一家言おありで、先頃放映された「朝までテレビ」でも、並み居る論客を前に、政策以前に「愛」がなければならないという発言で大向こうを唸らせた。
どんな政策を立てようと、カネをばらまこうと、そんなことで子どもを生もうという人はいない。子どもをこの世に生み出すことは崇高な行為であり、愛というエネルギーを必要とする。子どもが減るのは愛が減っているからという指摘は、多くの人の共感を呼んだ。まったく同感。政治屋さんたちにはその意味がわかるまい。
 

Koneさんに拍手!

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2006年 1月 5日(木)12時02分35秒
返信・引用 編集済
   Kone さんがひったくり犯を捕まえたことは、とても大きな意味がある。彼は東大出の秀才。いくら頭のよい人でも、それをよい目的に使わなければ意味がない。
 姉歯建築士なんか、なまじ彼が建築士の資格など取らなかったら、たくさんの人の人生を狂わせることにならなかったはず。つまり、姉歯建築士は勉強などしなかったほうが結果において他人のためになったことになる。勉強そのものや学校の成績なんて、自分や他人の幸福とは直接関係ないことは、オウム真理教にかかわった秀才たちがすでに証明している。
 それに知性はむしろ行動力の妨げになる。頭のよい人ほど、とっさのときに適切な行動ができない。ふつうの人以上に馬鹿げた行動に走ることすらある。そのままにしておいたら誰かが苦しむことになるというのに「何もしない」ということは不作為犯という立派な犯罪になる。
 Kone さんは、武道の達人でもなければ筋骨隆々のマッチョでもない。相手がどんなに弱そうでも、ふつうの人が暴漢に立ち向かうのには、勇気がいる。弱い人間ほど突然ナイフなどを取り出して振り回すからだ。Kone さんの勇気に心から敬意を表したい。

http://www.geocities.jp/mitchan1944/essay/essay-chiisanashinsetsu.htm

 

レンタル掲示板
/20