teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 悪徳弁護士についての話題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1/197 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

子どもにこそ、ホンモノを与えよ

 投稿者:竹下 光彦  投稿日:2014年 8月18日(月)09時03分42秒
  通報 返信・引用
  先日、母校の都立大泉高校付属中学で、中学2年生の夏期講習の講師として子どもたちに英語を教える機会をいただいた。

延べ3日間、70分の授業が6コマで、各コマに15人ほどの生徒が参加した。
使った教材は、ジャック・ロンドンの『生命の掟(おきて)』(原題:The Law of Life)。
2000語レベルにリライトされているが、当然、大人向けの短編小説だ。

内容は、アラスカの原住民の部族が、新しい狩り場を求めて移動するときに、足手まといとなる年老いた昔の酋長を置き去りにして行く様子を描いたもの。日本の姥捨て山の伝承を素材にした深沢七郎の『楢山節孝』と重なるモチーフである。

全部で1500単語ほどの分量だから、平均的な中学2年生の教科書の4課分、つまり1学期分くらいの情報量がある。

これを70分で読ませようというのだから、無謀な試みと言えるはず。しかも、何の下調べも予習もせずに、いきなりである。

しかし、実際に音読しながら、意味を考えさせ、わかった情景をマンガふうの略図に書いていくというやり方で進めていくと、ほとんどの生徒が話の概要を理解できた様子だった。

何しろ、自分の親を、オオカミが取り囲む氷原に置き去りにして行くという深刻な内容である。自分たちの親の介護は誰がどのような形でするつもりなのかといった問題意識を持たせながら読んでいくと、みんな真剣な面持ちで読解に取り組んだ。

読解という、本来は受動的な活動になりがち学習を、類似表現についてどう言えばよいのかを考えさせながら、発表能力を養うことを意識して進めていった。

あっという間に70分が経過してしまう。結局、3分の2ほどのところで時間が来てしまった。残りは自分たちで読むように指示しておいた。

後日送ってくれた、授業の感想文を読むと、かなりの生徒が残りの部分も自分で読んだとのことだった。

このことで感じたことは、たとえ中学生であったも、素材として与えるものは、どうでもいい日常の作り話のようなものではなく、内容自体が感動を呼ぶような、大人の鑑賞にも堪えるホンモノを与えるべきであるということである。

教師の最大の役割は、子どものやる気を引き出すことである。水っぽいニセモノや、綿菓子のように歯ごたえのない素材を与えれば、彼らは最初から読む気になれない。

ゴムぞうりのような肉をステーキとして与えれば、子どもは一生ステーキを嫌いになることだろう。子どもの味覚は大人より鋭いはずである。贅沢させる必要はないが、与えるべき時にはけっしてニセモノを与えてはいけない。

これは学習者が大人の場合でも同じ。英会話の初級クラスで交わす英語の内容は、たいてい日常生活のたわいない、どうでもよいテーマである。

学習者の英語のレベルが低いからといって、知能が低いわけではない。くだらないテーマについてしか語ることのできない教師に、母語としてなら誰でも知っている英語の知識をネタにご教授いただくことで満足している人がなぜいまだに多いのか不思議でならない。

簡単な英語を使いながら、人生の深遠な世界について論じられてこそ、大人、子どもの区別なく、学習者は英語を駆使できる醍醐味を知るはずである。

(アメブロから転載)

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/197 《前のページ | 次のページ》
/197