teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 悪徳弁護士についての話題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/197 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

対話力こそ重要

 投稿者:竹下光彦  投稿日:2013年12月24日(火)18時42分30秒
  通報 返信・引用
  先日、相模大野教室で、グロービッシュによるディベートをしました。

その論題は、次にようなものです。

① パチンコは禁止すべし。
② 夫婦別姓を是とすべし。

いずれについても、チームの勝利に貢献したのは、二人の主婦でした。

その勝因は、英語力や論理の巧みさではなく、それぞれの社会経験から得たデータの豊富さによるものでした。

また、単語の量が限られている人のほうが、的確でわかりやすい表現を創り出すことが多いのをしばしば見受けました。

たとえば、「私の悪口を言うのはやめて」の「悪口を言う」は、
TOEIC対策や受験英語の知識があると、speak ill of ~ とか
call ~ names などのイディオムを思いつくことでしょう。

仮にこうした高級な表現を使えたとしても、相手がそれを理解できなければ意味がありません。
持ち腐れになる宝や、タンスの肥やしになる衣類は捨てましょう。

Don't say anything I don't like to others.
(気に入らないことは、他の人に言わないで)

と言えば十分です。

大阪弁で言うと、「うちの好かんこと、ほかに言わんといて」という感じです。
意味が多少ずれても、情報の量でカバーすればOKです。

暗記した例文をぶつけ合う「英会話」ではなく、自分だけの発想に基づいて、言いたいことを話し合う「英対話」こそ、ディベートの基礎になる力であることを痛感しました。この力は、国語力と直結しているのは、疑う余地がありません。




 
 
》記事一覧表示

新着順:5/197 《前のページ | 次のページ》
/197