teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 地三号無線機

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 7月28日(土)19時45分12秒
返信・引用
  > No.121[元記事へ]

大土井さんへのお返事です。

大土井様ご連絡ありがとうございました。実は我が家リホームのため3ヶ月間ネットも休止しておりました。このため連絡が遅れました。
こんごとも、よろしくお願いします。


> 珍品!! 地三號無線機 東京芝浦電氣製 昭和19年  元ケース入!!
> 出品者 pr_148c
>  ヤフーインターネットに出品されています。
> 2012年6月22日現在 1200円       参考までに

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001868.html

 
 

地三号無線機

 投稿者:大土井  投稿日:2012年 6月22日(金)15時47分30秒
返信・引用
  珍品!! 地三號無線機 東京芝浦電氣製 昭和19年  元ケース入!!
出品者 pr_148c
 ヤフーインターネットに出品されています。
2012年6月22日現在 1200円       参考までに
 

Re: 昔の技術(THE真空管)について

 投稿者:kotyanメール  投稿日:2011年 6月25日(土)17時58分43秒
返信・引用
  早速お返事いただきまして有難うございました。
膨大なデータでしたので、残念ですし心配です。
どこかで継続して発信されていることを願います。

> kotyanさんへのお返事です。
>
>
> お問合せの件ですが、当方もホームページが無くなり残念でなりません。
> 広島県三原市のかたのようですが、移動先等を含めわかりません。
>
>
>
>
>
>
> > 突然の書き込み失礼いたします。
> > 以前に度々訪問していた「昔の技術(THE真空管)」ですが、中断している間に不明になっていました。
> > 顛末をご存知ありませんか。また勉強させていただきたいので、移動先ありましたら是非教えていただきたくお願いします。
 

Re: 昔の技術(THE真空管)について

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 6月24日(金)20時21分28秒
返信・引用
  > No.118[元記事へ]

kotyanさんへのお返事です。


お問合せの件ですが、当方もホームページが無くなり残念でなりません。
広島県三原市のかたのようですが、移動先等を含めわかりません。






> 突然の書き込み失礼いたします。
> 以前に度々訪問していた「昔の技術(THE真空管)」ですが、中断している間に不明になっていました。
> 顛末をご存知ありませんか。また勉強させていただきたいので、移動先ありましたら是非教えていただきたくお願いします。

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001868.html

 

昔の技術(THE真空管)について

 投稿者:kotyanメール  投稿日:2011年 6月24日(金)10時55分17秒
返信・引用
  突然の書き込み失礼いたします。
以前に度々訪問していた「昔の技術(THE真空管)」ですが、中断している間に不明になっていました。
顛末をご存知ありませんか。また勉強させていただきたいので、移動先ありましたら是非教えていただきたくお願いします。
 

Re: 地二号無線機受信機の

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 1月17日(月)09時02分20秒
返信・引用
  > No.116[元記事へ]

JO7TTRさんへのお返事です。

問合せありがとうございます。直流変圧器は地2号無線機の受信機のものに相違ありません。
貴重なものですので、大切に保管されることを望みます。なお、類似の通信機があるとのことですが、できたら、銘板などから機種などの特定をされると更に興味が深まることと思います。
なお、いろいろ興味がありますが、できたら本ホームページの頭にメールアドレスがありますので、そちらのほうからご連絡いただければ幸いです。
               管理人


> 直流変圧器があります。
> 管理人様へ、突然の書き込み失礼いたします。仙台からの通信としてお聞きください。
> 銘板には、昭和18年3月製造、芝浦製作所とあり、☆マークの刻印が打たれております。入力6V、出力200Vで、4端子の入出力ソケットそれぞれが装備されています。中身には、変圧トランスが2個、紙電池?が3個と、ファン付きのモーター?が内臓されています。軍用かどうかわかりません。表側の塗装はなく、アルマイト(昔風に)・アルミ地の枠20cmの立方体に構成されています。
> 父は陸軍・通信兵として、昭和19年に羅南(朝鮮の東北部)近辺に赴任、1年のち終戦で復員しました。戦後は、旧・電電公社に復帰、アマチュア無線旧2級(電話級)を昭和28年取得、現在に至ります。これは、どこから入手したのか聴いておりませんが、当時のものと聞いています。また、類似の通信機器のガラクタが物置にあります。小生も最近この世界に入り、興味を持ったところであります。
> ご興味がありましたら、お知らせください。とりあえず、掲示板にて連絡させていただきました。
> なお、「陸軍の地二號無線機の大戦後期の仕様のム62號無線機の受信機の電源部」として、2009年9月の掲示板に記載のものに間違いありません。

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001868.html

 

地二号無線機受信機の

 投稿者:JO7TTRメール  投稿日:2011年 1月16日(日)22時21分52秒
返信・引用 編集済
  直流変圧器があります。
管理人様へ、突然の書き込み失礼いたします。仙台からの通信としてお聞きください。
銘板には、昭和18年3月製造、芝浦製作所とあり、☆マークの刻印が打たれております。入力6V、出力200Vで、4端子の入出力ソケットそれぞれが装備されています。中身には、変圧トランスが2個、紙電池?が3個と、ファン付きのモーター?が内臓されています。軍用かどうかわかりません。表側の塗装はなく、アルマイト(昔風に)・アルミ地の枠20cmの立方体に構成されています。
父は陸軍・通信兵として、昭和19年に羅南(朝鮮の東北部)近辺に赴任、1年のち終戦で復員しました。戦後は、旧・電電公社に復帰、アマチュア無線旧2級(電話級)を昭和28年取得、現在に至ります。これは、どこから入手したのか聴いておりませんが、当時のものと聞いています。また、類似の通信機器のガラクタが物置にあります。小生も最近この世界に入り、興味を持ったところであります。
ご興味がありましたら、お知らせください。とりあえず、掲示板にて連絡させていただきました。
なお、「陸軍の地二號無線機の大戦後期の仕様のム62號無線機の受信機の電源部」として、2009年9月の掲示板に記載のものに間違いありません。
 

謹賀新年

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 1月 3日(月)09時21分40秒
返信・引用
  新年あけましておめでとうございます。
本年が皆様にとり幸多き年となりますよう、お祈り申し上げます。

2011年 元旦
広島戦時通信技術資料館 管理人

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001868.html

 

ありがとうございました

 投稿者:KAZ  投稿日:2010年12月24日(金)22時08分52秒
返信・引用
  NHK関連を当たって見ます  

Re: お伺いしたいことが

 投稿者:管理人  投稿日:2010年12月23日(木)20時08分1秒
返信・引用
  KAZさんへ

標記の質問の件ですが、広島受信所という呼称であれば、日本放送協会(NHK)の中継局が該当しそうです。
添付の北海道の北広島市のURLの事例が該当するのではないでしょうか。
昭和4から6年の広島のNHKの資料があれば、更に詳細なことが判ると思われますが、放送関係の資料収集はしていないので小生ではこれ以上現時点では不明です。
                         管理人より


> お早うございます
> 広島市にすむ無線家です 古地図を見ておりますと五日市の造幣所の辺りには競馬場と広島受信所という記載があるのですが、広島受信所について何か情報 特に軍か放送局関連とか分かりませんでしょうか
> 突然では有りますがよろしくお願いいたします
> ここの存在については金道氏に伺いました


北海道の北広島市のURLの事例

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001868.html

 

レンタル掲示板
/20