teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


初詣道中記

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2018年 1月 8日(月)15時10分19秒
   昨日は妻と下北沢にある北沢八幡へ初詣に行ってきた。数日前にテレビで伎芸に御神徳がある
と紹介されていたからだ。行ってみると弁天様も祀られているらしかったが見つけられなかった
。下北沢はすっかり縁遠くなってしまったが親戚が住んでいるので土地には明るいし、下高井戸
に住んでいる時に妻とも一度訪れているのだが、その後の再開発で街がかなり変わってしまって
いる。北沢八幡から暗渠を駅の方へ戻りながら古本屋を訪ねる。かつてどこの町にもあった古い
古本屋とは違う新しい古本屋ばかりだ。かつての古本屋もそうだったが、今の古本屋も店員や客
に独特の特徴があって、ちょっと意識してしまう。2件目の店で妻はロシアのおとぎ話の画集を
、ぼくは森毅編の「キノコの不思議」を買った。当てずっぽうに歩いていると、イマドキの店が
多い中、昔からの時計屋さんなどがそのまま普通に営業していて、そのアンバランスさが新鮮だ
。演劇人や音楽人がそこかしこにたむろっているのを横目で見ながら、ぼくはどこからどう見て
も音楽人には見えないのだろうなあと、つい意識してしまう。そしてツカレル。初詣のついでに
散策している人、それでいいじゃないかと自分に言い聞かせ言い聞かせ駅に戻り、まだ工事中の
駅から電車に乗って、やっと自意識の呪縛から解放された。
 
 

12/22ライブ報告

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年12月23日(土)15時53分3秒
   出かける前に練習していたら弦が切れてしまい、張り替えのために時間が遅くなり、池袋に
着くと年末ジャンボの行列。同じ光景に見覚えがあると思ったら、去年もちょうど今頃ライブの
ためにギターを抱えてここを通ったんだ。

 六角橋に着くと、入りの時間は疾うに過ぎていたが、まずはお世話になっているミュージック
ジャンプで社長さんにご挨拶がてらフラットピックを買い、サミーズカフェに到着すると出演者
は粗方揃っていて、挨拶もそこそこにすぐにサウンドチェックとなる。

 サミーズカフェは小さな店とはいえ、開演時間までにお客さんでいっぱいになり、挨拶代わり
のゲルブから始まり、ZUCCOさん、なかじまよしお、イチロウ16さん、ハマケンさん、
ゲルブ・アル・リシャット・アンサンブルという出演順。ゲルブ以外の出演者はぼくは初対面
だし、お客さんも前回のサミーズライブで知り合ったニールヤングクリソツのヤマザキさん(お
名前は今回初めて知った)と阿佐ヶ谷のヴィオロンに来ていたヨシイさん(やはりお名前は今回
初めて知る)以外は初対面の方々ばかりだったので、自分がうたうまではとても心細くビールを
呑んで気を紛らわしていた。

 本番はそのビールが祟り、水を飲んでも唇の渇きが収まらず、うたに支障をきたしてしまう
ことに。過去に何度も同じ失敗をしながら、愚かにもまたもやってしまった。しかしそれ以外は
そんなに緊張もせずに演り終えることができた。

 ゲルブは弦楽器も打楽器も比較的カタイ音なので、ボーカルの祥さんの吹くひょうたん笛の
やわらかい音がバランス的に欠かせないと今回改めて感じた。それにしても祥さんのボーカルは
声としての存在感がハンパなく圧倒される。今回は曲中で楽器を持ち替えながら演奏する曲が
あり、その自然さは見事で、とてもたった3人での演奏とは思えなかった。

 ヤマザキさんと意見が一致したのだが、初顔合わせの人たちは皆、演奏もうたも平均的な規格
を逸脱していて、それが黒人のブルースマンのようだった。そして、まったくタイプの違う人が
次から次へと現われるこの日のライブは、ぼくはもちろんのこと、お客さんもたのしめたのでは
なかろうか。これも全て主催のゲルブのおかげで、改めて感謝せずにはいられない。


2017年12月22日 白楽サミーズカフェにてなかじまよしおうたう

1 酒・靴・ズボン 2 ことばは鏡 3 臨終 4 プライド 5 ものがたり


 そしてぼくは三度終電を逃したのだが、車で家の近くまで送っていただき、冬至の夜を歩いて
帰らなくて済んだ。
 

ライブのお知らせ

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年12月19日(火)23時04分58秒
   今週金曜日(12/22冬至)、「ゲルブ プレゼンツ GINK party 2017 @六角橋サミーズカフェ」
というクリスマスパーティーと忘年会を一緒にしたようなイベントでうたいます。主催は6月に
知り合った日にサミーズカフェのライブに誘ってくれたゲルブアルリシャットアンサンブルで、
今年サミーズでの彼らのライブにゲスト出演した人を再び招いての催しとのことで、なかじま
よしおも招かれたというわけです。「GINK」は当日出演者の頭文字からきているようですが、
隠れた意味もありそうです。

ゲルブ プレゼンツ GINK party 2017 @六角橋サミーズカフェ

日時 2017年12月22日(金) 19時30分~

場所 Sammy's Hawaiian cafe' Tel. 045-431-7170 横浜市神奈川区六角橋1-10-2

料金 2,000円+オーダー

サミーズカフェへの行き方

東急東横線白楽駅下車。六角橋商店街右側に並行するふれあい通り(仲見世)を直進。
左側にミュージックジャンプ(楽器屋)が現れたら、まもなく右側です。駅から徒歩約5分。

ご来場をこころからお待ちしております。
 

メイドインジャパン

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年12月10日(日)21時14分43秒
   今持っているハーモニカの中で一番古いKey=Dのハーモニカが調子が悪くなったので、楽器屋
に行ってみたら、かつて2千円台後半だったのがいつのまにか4千円台後半になっていて、
ハーモニカは必需品だけど消耗品でもあるので、こんなに高いんじゃ買えないなと買わずにいた
のだが、やっぱり必要だから買うことにした。今まではすべてホーナーというドイツ製を使って
いたのだが、今回スズキという日本製を初めて買って、今日吹いてみた。単純に新しいせいか
音にパワーがあって、よく鳴ってくれるし満足だ。価格も3千円台後半でホーナーよりも安い。
ギターも日本製だし、日本語にこだわるシンガーソングライターとしては日本製のハーモニカが
合うのかな。
 

途中経過

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年11月19日(日)10時56分26秒
   軽くなったとはいえ、鼻が詰まって鼻声になる、痰が絡み声が出にくいなどの症状は変わらず
、蓄膿症(副鼻腔炎)は未だに完治していない。当初は全くうたうことができなかったのが、
なんとかうたえるようにはなったが、うたの途中で痰が出てきたり、うたう時間が長くなると
声が出にくくなったりするので、まだまだまともにうたがうたえる状況にはない。

 風邪から蓄膿症になった頃はまだ暑かったというのに、季節は夏から秋、そして冬になって
しまった。
 

10/15ライブ報告

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年10月17日(火)23時12分36秒
   蓄膿症の症状がひどく、とてもうたえる状況ではなかったが、年頭にはスケジュールが
決まっていて、過去にも1度やはり病気でライブに穴を開けたことがあるので、声が出るのか
すらおぼつかない中、とにもかくにも家を出た。マスクをしてトローチをなめ、鼻をスースー
させて、できる限りのことはした。練習はほとんどできていない。酒も呑めない。ギター教室の
生徒さんの演奏中も不安で不安で仕方がなかった。だけど本番になったら、後で気がついたんだ
けど、薬のせいもあるかもしれないが、初めてライブでまったく緊張しなかった。しかもシラフ
でだ。ライブ自体も鼻声で声があまり出ないのは仕方がないとして、初めて聴いた人がこの人は
ちょっと鼻声で声量があまりない人なんだなという印象を持つぐらいの許容範囲のデキだったと
思う。不思議なこともあるものだ。奇跡としか言いようがない。また、こんな不本意なライブ
でも、うたを気に入ってくれてCDを買ってくれた人がいて、ぼくは常日頃ボーカルに関して、
ビブラートや過度な表現を排し(実際にはそんなテクニックがないだけなんだが)、うたの内容
を正確に伝えることだけに専念しているので、ひどい声でもうたが伝わることが実証されたこと
がとてもうれしかった。


2017年10月15日(日) 第5回 MUSIC JUMP ギター教室発表会にて
                        なかじまよしおwithゆかわよしまさうたう

1 酒・靴・ズボン 2 防波堤へ釣りに行っています(湯川 バンジョー)
3 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(湯川 ギター)
4 スローモーな子 5 プライド(湯川 ウクレレ)
6 たのしむことのヒツヨウセイ 7 ものがたり(湯川 ギター)


 相棒の湯川君も坐骨神経痛で辛い中、発表会にライブに大活躍だった。社長さんや生徒さん他
暖かい人たちのおかげでなんとかライブをやり遂げることができました。みなさん、本当に
ありがとう。
 

きのこ狩り2017

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年10月 8日(日)17時55分13秒
   8月終わりからもう1ヶ月以上になるが、風邪~蓄膿症が未だに治らない。

 その間9/22~9/24には、行けるかどうか心配だったが、療養も兼ねて毎年恒例のきのこ狩りに
出かけた。湯川君の子供を除くといつのまにか皆50歳を越えていて、今回はぼくが蓄膿症、妻
がピロリ菌、湯川君が腰痛と、メンバー5人中3人が病人だった。

 今回は初めて母校の神奈川大学の施設に泊まった。夕食BBQ・バイキング朝食付き・部屋は
教職員用で1人3,000円以下だった。夕食後は、ぼくにとってはアメリカ滞在時以来30年
以上ぶりのビリヤードに興じた。

 また今回初めて中央高速の小淵沢インター手前の道の駅こぶちざわに行くことができた。
今まではレンタカーを返す時間から、八ヶ岳アウトレットで時間切れになってしまい、妻が道の
駅に寄りたがっていたのに行けなかったのだ。今回は去年返却時間ぎりぎりだったことを踏まえ
、万事早めにしたおかげで道の駅に寄る時間ができた。念願の道の駅では地元の野菜を購入した
り、蕎麦を食べたりした。やっと妻の願いを叶えることができたし、施設も素晴らしかった。
今まで本当に申し訳なかったなあ。

 さて、肝心のきのこだが、今回はあまりきのこ狩りをしたという印象がない。採るには採った
のだが、いつもの貸別荘ではなく神大の施設に泊まったために、採ったきのこをその日に食べる
ことができないので、採る量をセーブしたり厳選したりしたせいもあるし、そもそも散々雨が
降った割りにはタイミングもあるのだろうが、きのこの絶対数が少なかった。

 それでも神大施設など楽しめたし、空気がよかったせいか旅行中蓄膿症の症状も軽くて済んだ
し、何より気分転換できたのがよかった。
 

蓄膿症だチクショー

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 9月18日(月)16時04分23秒
   先週から鼻水と鼻声に悩まされていたが、全く治る気配がなく心配になり、昨日、祝日診療の
病院をネットで探し、今日診療を受けてきた。副鼻腔炎、所謂蓄膿症になっていた。風邪が
長引いているうちに菌が鼻に入ったようだ。それにしても祝日診療の病院は少ないのか来院者は
ひっきりなしだし、電話もかなり多かった。そこは内科も外科も小児科もあるのだが、ほとんど
の来院者が耳鼻咽喉科目当てだった。多量多種の薬を処方してもらい一安心。早く治らないかな
。我が家では妻がピロリ菌に感染してしまい、やはり薬を飲んでいて、それの副作用が昨日から
出ている。夫婦共倒れ状態だと妻に言うと、これからもっと年取ったらもっとそうなるんだと
言われ、老後が心配になった。
 

凹む日々続く

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 9月10日(日)15時55分9秒
   風邪が治らないまま2週間が過ぎた。最初に耳鼻咽喉科へ行ったせいか、いつもの声が出なく
なったり唾を飲み込むのも辛かったり熱が出てだるかったりといった症状こそないものの、声は
出にくいし咳も出るし鼻水も出て鼻声という状態から抜けられない。ここまで長引くとさすがに
凹む。
 

天婦羅いもや閉店す

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月27日(日)09時50分17秒
   早稲田の天婦羅屋「いもや」の親父さんが亡くなって、いもやが閉店した。注文した「天婦羅
定食ライス大盛り」を待つ間、寡黙で職人然とした親父さんの仕事ぶりを眺めるのが好きだった
。一日中天婦羅を揚げているのでその手はいつ見てもふやけていた。具材が小さかったりすると
何のコメントもせずにおまけをポイっと足してくれた。おばさんは天婦羅を揚げる以外のすべて
を賄っていた。おばさんは待っている人がいるのに喋りながらダラダラ食べている客を叱った。
また、大盛りを頼みながら残す客も叱った。カウンターは鮨屋のような白木で、その潔い佇まい
がお二人のようだった。時代の移り変わりで、キスが小さくなったり野菜の品数が減ったりした
が、値段は変わらなかった。いもやは早稲田通り裏にあって、閉店を知ってひさしぶりに歩いて
みたが、昔あった八百屋も魚屋も文房具屋も床屋もパーマ屋も定食屋も何もかも無くなっていて
、通りはひっそりとしていた。
 

レンタル掲示板
/60