teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


蓄膿症だチクショー

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 9月18日(月)16時04分23秒
   先週から鼻水と鼻声に悩まされていたが、全く治る気配がなく心配になり、昨日、祝日診療の
病院をネットで探し、今日診療を受けてきた。副鼻腔炎、所謂蓄膿症になっていた。風邪が
長引いているうちに菌が鼻に入ったようだ。それにしても祝日診療の病院は少ないのか来院者は
ひっきりなしだし、電話もかなり多かった。そこは内科も外科も小児科もあるのだが、ほとんど
の来院者が耳鼻咽喉科目当てだった。多量多種の薬を処方してもらい一安心。早く治らないかな
。我が家では妻がピロリ菌に感染してしまい、やはり薬を飲んでいて、それの副作用が昨日から
出ている。夫婦共倒れ状態だと妻に言うと、これからもっと年取ったらもっとそうなるんだと
言われ、老後が心配になった。
 
 

凹む日々続く

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 9月10日(日)15時55分9秒
   風邪が治らないまま2週間が過ぎた。最初に耳鼻咽喉科へ行ったせいか、いつもの声が出なく
なったり唾を飲み込むのも辛かったり熱が出てだるかったりといった症状こそないものの、声は
出にくいし咳も出るし鼻水も出て鼻声という状態から抜けられない。ここまで長引くとさすがに
凹む。
 

天婦羅いもや閉店す

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月27日(日)09時50分17秒
   早稲田の天婦羅屋「いもや」の親父さんが亡くなって、いもやが閉店した。注文した「天婦羅
定食ライス大盛り」を待つ間、寡黙で職人然とした親父さんの仕事ぶりを眺めるのが好きだった
。一日中天婦羅を揚げているのでその手はいつ見てもふやけていた。具材が小さかったりすると
何のコメントもせずにおまけをポイっと足してくれた。おばさんは天婦羅を揚げる以外のすべて
を賄っていた。おばさんは待っている人がいるのに喋りながらダラダラ食べている客を叱った。
また、大盛りを頼みながら残す客も叱った。カウンターは鮨屋のような白木で、その潔い佇まい
がお二人のようだった。時代の移り変わりで、キスが小さくなったり野菜の品数が減ったりした
が、値段は変わらなかった。いもやは早稲田通り裏にあって、閉店を知ってひさしぶりに歩いて
みたが、昔あった八百屋も魚屋も文房具屋も床屋もパーマ屋も定食屋も何もかも無くなっていて
、通りはひっそりとしていた。
 

耳鼻咽喉科通

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月26日(土)14時59分1秒
   お盆前に少し喉が痛かったので、風邪薬を飲んだがなかなかすっきりと治らなかった。それで
も1週間くらいでようやく抜けたと思ったら、今度は前より本格的に喉が痛くなり、昨日風邪薬
を飲んだが今朝も症状が改善しないので耳鼻咽喉科へ行った。去年の11月に行ってからという
もの、すっかり耳鼻咽喉科通いになってしまった。
 

今年は咲かなかった花

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月20日(日)11時44分47秒
   昨日は多摩川の花火大会のはずだったが、荒天のため中止となってしまった。実家が東京と
神奈川の県境、多摩川を望む場所にあるため、子供の頃から多摩川の花火は家から観ていた。
打ち上げ場所で見るのもいいものだと思うが、長年の習慣で毎年家からの花火を楽しんでいる。
障害者のデザインによる花火も打ち上げられる予定だったと、昨日の夕刊を今朝読んで知った。
今年も楽しみにしていたのだが、今までに記憶にないほどの雨と風が吹き荒れるのを、母と二人
眺めていた。
 

丸善とボストン美術館展

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月19日(土)09時49分4秒
   昨日は妻と都美術館へボストン美術館展に行ってきた。その前に、池袋に新しくできた丸善の
文房具屋に行ってきた。こだわりがあってイイモノは値段もそれなりに高くて、ぼくにはやはり
手が出ないのだが、見るのは楽しいし目の保養にもなる。最近のエレベーターは、スピードが
ゆっくり(やさしく?)動く傾向にあるが、ちょっと地下1階と2階の間を移動しようとしても
なかなか来ないので、お年寄りも急な石の階段を上っているのを見ると本末転倒なピントがズレ
ているような気がする。ボストン美術館展は、以前もここに書いたが、妻と行く場合~美術館展
だと多様な画がやってくるので、趣味の合わないぼくらでもそれぞれにたのしむことができるの
がいい。今回ぼくは、ゴッホのルーラン夫妻がお揃いで来日するのを観るのが目的だった。ほぼ
毎年、Tさんの画を観に都美術館には来る(妻はもっと来ている)のだが、展示場所がいつもと
逆サイドなのがぼくには新鮮だった。公園はなんで池や噴水を減らしてしまったのかな。
エレベーターもそうなのだが、やっている方は利用者のためにと思ってやっているのだろうが、
なぜかそれらがぼくにはピンとこないのだ。
 

災害用ラジオ

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月16日(水)14時17分45秒
   何年か前の母の誕生日に災害用のラジオをプレゼントしたのだが、このラジオ、スグレモノで
ラジオだけでなくライトも付いてるし、携帯も充電できる。電池がなくても手回しで発電できる
しソーラーパネルも付いてる。母も喜んで、いざという時に使えるようにと普段から日常的に
使っている。我が家でもあったらいいねと言いながら数年が経ったが、先日その機種の後継品が
既に生産終了との理由で安くなっていたので手に入れることができた。ライブなどで忙しかった
のでしばらくほったらかしにしていたが、昨日箱を開け試してみたらゴキゲンだ。ムダにライト
をつけたり手回し発電をしたり、携帯を持っていないぼくの代わりに妻の携帯を充電してみたり
した。
 

8/12ライブ報告

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月14日(月)19時59分9秒
   対バンは、しょうじゆかりさんという女性シンガソングライターだったが、あの日のぼくは、
彼女と彼女のお客さんに助けられ救われたと思う。ぼくは彼女の後だったのだが、彼女が
うたってそれを聴くお客さんによって作られた素晴らしく愛に溢れた雰囲気が、ぼくの番に
なっても続いていて、そのおかげでぼくはさほど緊張もせずにその素晴らしい環境の中で気持ち
よくうたうことができた。

 また、サニースポットというライブハウスは、マスターの人柄に拠るところが大だと思うが、
ライブハウス自体にお客さんが付いているというのが素晴らしい。あの日も、どちらのお客さん
でもないフリーの方がお二人いらした。

 ライブっていうのは本人はもちろんのこと、対バンの人もお客さんも店も、いろんな要素が
相まって、その場限りの特別な時や空間が生まれるんだと、今更ながら強く感じた夜だった。

2017年8月12日 池袋サニースポットにてなかじまよしおうたう

1 チコちゃん 2 空想旅行 3 東京クラウン 4 君のいない8月 5 そしてよだかは
6 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー 7 ことばは鏡 8 臨終
 

よかったこと、悪かったこと

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月11日(金)18時45分7秒
   先週の金曜日、昼飯を食べた場所に手帳を落とした。夕方帰宅途中に気がつき戻ったら、
床ではなく目に付く場所に置かれていた。親切な人が置いてくれたのだろう。今日はブラウザの
お気に入りをうっかり削除してしまったが、ごみ箱から救出することができた。

 今週の水曜日、横浜の湯川宅での練習の帰り道、いつも帰宅が終電近くになるので走っていた
ら、転んでしまってギターが壊れた。
 

ライブのお知らせ

 投稿者:なかじまよしお  投稿日:2017年 8月 6日(日)15時08分22秒
   先月のデュオに続き今月はソロ。いつものように詳細はサイトトップからライブ情報をリンク
したのでご覧ください。ご来場をお待ちしています。
 

レンタル掲示板
/59